+Style、ビニールハウス内の温度や湿度などをスマートフォンで確認できるセンサー「温湿見張り番」を販売開始

PR TIMES / 2018年3月26日 17時1分

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」( http://plusstyle.jp/)の「ショッピング」で、ビニールハウス内の温度や湿度などをスマートフォンでリアルタイムに確認できるセンサー「温湿見張り番」(出品者:株式会社アイコン、メーカー名:有限会社インデクサー)の販売を、2018年3月26日から開始します。



■温湿見張り番( https://plusstyle.jp/shopping/item?id=258
[画像: https://prtimes.jp/i/22656/103/resize/d22656-103-309948-0.jpg ]


「温湿見張り番」は、ビニールハウス内の温度や湿度、照度、土壌温度など、作物を生育する上で必要なデータを確認できるセンサーです。各データはスマートフォンやパソコンなどで確認できるので、作物を生育しているビニールハウス内の環境をリアルタイムに把握することが可能です。また、あらかじめ専用サイトで設定した温度や湿度などを超えたり下回ったりした場合にメールで通知が届くため、環境の変化にすぐに気付くことができます。価格は4万8,600円(税込み)※です。

また、+Styleでは3月23日から4月1日までの10日間、新生活応援セールを開催し、「ZUS Car Key Finder」や「Marbotic Smart Letters」などの人気商品を最大60%引きで販売します。

※ 初年度のシステム利用料が含まれています。2年目以降はシステム利用料(年額1万8,000円、税込み)がかかります。


【+Styleとは】
消費者と一緒にものづくりができるプラットフォームで、製品の段階に応じて3つの機能を持っています。「プランニング」では、投稿された製品やアイデアにユーザーが意見を述べることで、企業とユーザーが商品化に向けて一緒に企画を進めていくことができます。「クラウドファンディング」では、消費者の声を取り入れながら製品を作り上げていくとともに、インターネット経由で多くのユーザーから事前に商品購入を募って商品化することができます。「ショッピング」では、一般販売前の商品などを、先行や数量限定で販売するといった活用ができるとともに、商品に対する購入者からの意見を集めることができます。


●+Styleはソフトバンク株式会社の商標です。
●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●その他、このプレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
●このプレスリリースに記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング