サイバーエージェントFX 「外貨ex」 「Android Cymo」 チャート機能をメインにバージョンアップ ~テクニカルチャートに一目均衡表やEMA等を追加!~

PR TIMES / 2012年1月23日 12時26分



株式会社サイバーエージェントFX(以下、「当社」という。本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:西條晋一)は、当社が展開する外国為替証拠金取引サービス「外貨ex」に対応したFX トレーディングツールアプリ「Android Cymo」を2012年1月21日にバージョンアップ致しました。
当社は、2011年2月に「Android Cymo」のサービス提供を開始し、2011年11月には、Android Cymo のデモ版アプリである「Android Cymo デモ版」を開発、提供開始致しました。
今回は「Android Cymo」を、お客様からご要望の多かったチャート機能の強化をメインにバージョンアップし、リリース致しました。
当社では、今後も多くの個人投資家の皆様からご支持頂けるよう、さらなる取引環境の向上に努め、様々なサービスを拡充して参ります。


◆バージョンアップした主な機能
・特徴1 チャート機能の強化
ローソク足の4 本値(始値、終値、高値、安値)を利用し、平均足を表示する事ができるようになりました。
テクニカル指標では、従来の移動平均線、ボリンジャーバンドに加え、新たにEMA(指数移動平均線)や一目均衡表が設定できるようになりました。
チャートの種類は、ローソク足、平均足、ティックから選択可能です。
ティックチャートにおいては、端末をシェイクする事でBid、Ask、Bid/Ask に表示切替が可能です。
また、端末を横にする事で、画面右側に日足を表示できるようになりました。

・特徴2 ニュース機能の追加
新たに「GlobalInfo24」を追加し、従来の「MarketWin24」と「GlobalInfo24」の2 種類のニュース閲覧が可能となりました。それぞれのニュースは、タブ形式で切り替える事が可能で、ニュースタイトルをタップする事で、ニュース詳細画面に遷移します。

・特徴3 お知らせ機能の追加
ログイン前のタブに、お知らせタブを追加しました。当社からのお知らせ閲覧が可能です。

・特徴4 リミッター機能の追加
レートが設定したプライスに達すると、予め登録してあるメールアドレスに通知される、リミッター機能を追加しました。


■「Cymo(サイモ)」 概要
「Cymo」は、デイトレーダーや中上級トレーダーにもご満足頂けるクオリティを目指して当社が開発したFX トレーディングツールアプリです。
パソコン版では「Desktop Cymo」「Cymo NEXT」、モバイル版では「Mobile Cymo」、スマートフォン版では「iPhone Cymo」「Android Cymo」をご用意しており、「Desktop Cymo」と「Android Cymo」に関しては、デモ版もご用意しております。
お客様がいつでもどこでもFX 取引ができるよう、お客様の取引スタイルに応じたFX環境を目指して、日々改善しております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング