近年注目を浴びている「ブルーライト」から目を守る!

PR TIMES / 2013年6月6日 14時0分

~北欧産野生種ブルーベリー「ビルベリー」に新たな機能性~

株式会社わかさ生活は、ブルーベリーサプリメントの主成分である北欧産野生種ブルーベリー「ビルベリー」や北欧に自生するサンタベリーの機能性についての研究を続けてまいりました。
この度、岐阜薬科大学 原英彰教授(所在地:岐阜市)との産学共同研究により、『ビルベリーおよびサンタベリーがブルーライトによって引き起こされる網膜障害を軽減する』ことが明らかになり、この結果を2013年6月6日(木)~8日(土) に開催の『第1回 国際ブルーライト学会』(東京都)にて学会発表いたします。



株式会社わかさ生活(本社:京都市、代表取締役:角谷建耀知)は、ブルーベリーサプリメントの主成分である北欧産野生種ブルーベリー「ビルベリー」や、北欧に自生するサンタベリー[学名:Vaccinium visits-idaea L.]の機能性についての研究を続けてまいりました。
わかさ生活では、商品をお客様にお届けするだけでなく、素材が持つ機能を明らかにすることで、健康に悩みを持つ多くの方に役立てていただけると信じ、日々研究を進めています。

この度、岐阜薬科大学 原 英彰教授(所在地:岐阜市)との産学共同研究により、『ビルベリーおよびサンタベリーがブルーライトによって引き起こされる網膜障害を軽減する』ことが明らかになりました。

この結果を2013年6月6日(木)~8日(土) に開催の『第1回 国際ブルーライト学会』(東京都)にて発表いたします。
本研究結果を多くの方に知っていただき、健康に役立てていただければ幸いです。


《近年注目を浴びている“ブルーライト”》

ブルーライトは、パソコンや携帯端末機器、LED照明灯、あるいは太陽光に含まれる可視光で、眼精疲労や生活リズムの変調をきたす要因として近年注目されています。
また、ブルーライトは紫外線と同様に高いエネルギーを持ち、目の角膜や水晶体を通過して黄斑部や網膜に直接的にダメージを与えます。
そのため、加齢黄斑変性症や網膜疾患の原因の1つとしても知られています。(加齢黄斑変性症は日本国内における失明原因の第4位の疾患です。)


《ビルベリーとサンタベリーがブルーライトのダメージを軽減》

網膜は過剰なブルーライトを受けると、細胞内で生じた活性酸素により、ダメージを受けてしまいます。
この度、動物の網膜視細胞を用いた実験にて、ビルベリーエキスとサンタベリーエキスがブルーライトによる網膜視細胞へのダメージを軽減することが確認されました(図1)。
本研究の結果から、ビルベリーやサンタベリーを日常的に摂取することで網膜視細胞の健康維持に役立ち、ブルーライトによる目のダメージ軽減に繋がることが期待されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング