最大15%の燃費向上を可能にする ボッシュのガソリン直噴システム: ドライビング プレジャーを高めると同時に、世界の標準に

PR TIMES / 2014年6月24日 10時29分

ダイナミズムと効率の向上に寄与するボッシュのテクノロジー

- 数年前のディーゼル エンジンと同様の大変革をガソリン エンジンにもたらす直噴システム
- 2016年までにガソリン エンジンを搭載した欧州の全新車の約50%に達する見込み
- 「ガソリン直噴システムと電動化は相互を完璧に補完する関係」




ボッシュは、コモンレール技術を駆使した直噴システムで、内燃機関に大変革をもたらしてきました。
10年の間に、誰もがこの技術をディーゼル エンジンの標準システムと認めるようになり、今日では世界のディーゼル車の約80%の新車に搭載されています。現在、ガソリン エンジンのダウンサイジングの流れに沿う形で、同じような変革が起きています。ボッシュのガソリン直噴システムにより、ドライバーは低速時の高トルクとそ れによるさらなるドライビング プレジャーを享受できるようになったからです。また、このシステムは燃費を最大15%向上させることができます。
ロバート・ボッシュGmbHの取締役会メ ンバーとしてパワートレイン テクノロジーを担当するロルフ・ブーランダーはこう述べます。「ガソリン直噴システムは、私たちがかつてディーゼル エンジンで体験したのと同じような変革の時を迎えています」。欧州ではこの技術がすでに標準になりつつあり、ボッシュのコンポーネントはスポーツ タイプのコンパクト カー、ツーリング セダン、SUV、スポーツ カーなどに搭載されています。

Gutbrod社はボッシュのガソリン直噴システムを初めて採用した自動車メーカーで、1951年から同社の
サブコンパクト カー「Superior」の特定モデルで使用されるようになりました。1954年以降、ボッシュはこの技術を伝説的な「ガルウィング」、メルセデス・ベン ツSL 300向けに量産できる体制を整えました。基本的な技術的原理は年月を重ねても変わっていません。インジェクターによって燃焼室に直接噴射された燃料は細 かく噴霧されるため、直ちに燃焼させることができます。また、燃料の気化により燃焼室の温度がさらに下がり、圧縮比を高めることができます。新しい燃焼方 法は燃料を著しく節減できるにもかかわらず、この技術が幅広い支持を得るまでに長い年月がかかりました。ボッシュは10年以上にわたり、インジェクターの 噴孔加工にレーザードリル技術を導入してガソリン直噴システムの開発に取り組み、非常に正確な混合気の形成とクリーンな燃焼を実現しました。この技術革新 により、ボッシュ、トルンプとイエナ大学は2013年にドイツ未来賞を受賞することになりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング