個人投資家向け会社説明会に多数が参加

PR TIMES / 2017年12月1日 18時1分

-パチンコホール事業の概況を解説-

 株式会社ダイナムジャパンホールディングス(本社:東京都荒川区、取締役会議長 兼 代表執行役:佐藤公平)は、11月29日に札幌、福岡、30日に東京の3会場で「個人投資家向け会社説明会」を開催しました。3会場合計で約450名の個人投資家の方々が参加され、関心の高さがうかがわれました。



東京会場
[画像1: https://prtimes.jp/i/13913/104/resize/d13913-104-564318-1.jpg ]

札幌会場
[画像2: https://prtimes.jp/i/13913/104/resize/d13913-104-448794-0.jpg ]

福岡会場
[画像3: https://prtimes.jp/i/13913/104/resize/d13913-104-379986-2.jpg ]

 説明会では、当社の概要を始め、2017年9月中間期の業績、そして株主還元や今後の事業展開、また株式購入方法等について説明を行いました。2017年9月中間期配当は6円を実施、香港証券取引所規則では、配当基準日(2017年12月11日)の名義人までが配当金の受け取りが可能となっています。なお、配当金支払日は、2018年1月12日です。

 東京会場では、当社取締役で、パチンコチェーン株式会社ダイナムの取締役社長である藤本達司が事業概況等のご説明を行いました。ダイナムの社長から直接、今後の事業展開が聞けるということで活発な質疑も行われました。参加者の方からは、高配当株としても成長株としても期待が持てるなどという声を頂きました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/13913/104/resize/d13913-104-691314-6.jpg ]

藤本達司取締役 兼 (株)ダイナム取締役社長

 当社グループの中核事業であるパチンコホール事業においては、2018年2月より施行される遊技機規則の改正を控え、効果的な機械投資、営業技術力の強化、ローコスト経営の徹底などに取り組んでおります。当社グループでは、遊技機規則の改正は、業界の健全化を促進し、遊技人口拡大のチャンスになるものと期待をしております。また、この業界変化に向けた施策の実行により、さらなる企業成長を実現してまいります。

■株式会社ダイナムジャパンホールディングス
 日本全国にパチンコホールを展開する株式会社ダイナムを含む3社のパチンコホール経営会社およびその関連会社の株式を保有する持株会社です。

 2012年8月香港証券取引所に株式上場(香港証券取引所メインボード/証券コード:06889)
[画像5: https://prtimes.jp/i/13913/104/resize/d13913-104-190366-3.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング