1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

いちご×ソラシドエア 事業連携開始 ~ソラシドエア「空陸一貫 高速小口貨物輸送事業」をスタート~

PR TIMES / 2021年10月19日 19時15分

いちご株式会社/株式会社宮交シティ/株式会社ソラシドエア



・みやざき食農連携プロジェクトと連携!THE KNOT TOKYO Shinjukuで「宮崎フェア」開催
・宮交シティSC内「みやざきフードエクスペリエンス(仮称)」、神奈川県横須賀市「いちご横須賀ポートマーケット」に輸送拠点を設置
・旭化成のFresh Logi™を活用した鮮度保持低温輸送を実施

いちご株式会社(本社:東京都千代田区 代表執行役社長:長谷川 拓磨)、株式会社宮交シティ(本社:宮崎県宮崎市 代表取締役会長兼社長:石原 実)〔以下両社総称し「いちご」〕と株式会社ソラシドエア(本社:宮崎県宮崎市 代表取締役社長:高橋 宏輔)〔以下「ソラシドエア」〕は、ソラシドエアが取り組む空陸一貫 高速小口貨物輸送について事業連携を開始します。

「空陸一貫 高速小口貨物輸送事業」は、地元と首都圏のお客様をつなぐソラシドエアの新規事業で、2021年3月からいちごの協力のもと実証実験を重ねてまいりました。この度2021年10月27日(水)から本格的に事業開始する運びとなりました。この事業は、引き取り(陸送)、航空輸送、納品(陸送)をソラシドエアで一貫して行い、当日中にお届けするサービスです。当日お届けというメリットを活用していただくことによって、距離と時間の壁を越え、首都圏に地元食材の魅力をプロモートしてまいります。

いちごは、既存不動産を活用した新規事業として、街の持続可能性を高めるサステナブルインフラづくりに取り組んでおり、フードエクスペリエンスをコンセプトとした常設のコミュニティを企画開発しています。
この度、共同企画として、東京・新宿 THE KNOT TOKYO Shinjuku で開催される「宮崎フェア」をはじめ、2022年1月を目途に宮崎県産品を中心とした「みやざきフードエクスペリエンス(仮称)」を宮交シティショッピングセンター(以下「宮交シティSC」)に、2022年5月を目途に神奈川県産品を中心とした「いちご横須賀ポートマーケット」を神奈川県横須賀市の東京湾岸エリアにオープンする予定であり、これらの施設には、ソラシドエアの空陸一貫高速小口輸送による宮崎県産品と神奈川県産品の相互交流を恒常的に行う予定です。
いちごおよびソラシドエアは、これらの取り組みを通じ、宮崎県や神奈川県の農水産業等の持続可能性を高め、地域の活性化に貢献してまいります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/36834/104/resize/d36834-104-aa9a4cb64440d50e28f1-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/36834/104/resize/d36834-104-b193d86ca4b6798cdf68-3.png ]


1. 首都圏での共同企画について

いちごとソラシドエアは、共同企画の第一弾として、宮崎県が推進するみやざき食農連携プロジェクト(以下、LFP)※にコンソーシアム参画し、いちごが保有する都内のホテル(THE KNOT TOKYO Shinjuku)において、九州・宮崎の新鮮な直送食材をランチ・ディナーでお楽しみいただける特別メニュー「宮崎フェア」を開催することといたしました。特別メニューで使用される生鮮食品は、コンソーシアムパートナーの生産する農水産物を使用し、ソラシドエアが食材の空陸搬送を担います。是非、宮崎の魅力をご堪能ください。
いちごとソラシドエアでは、いちごが保有する神奈川県内のホテル(THE KNOT YOKOHAMA)をはじめ、首都圏の著名飲食店とのコラボレーションを共同企画してまいります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/36834/104/resize/d36834-104-05e0d15f18c7cc43b933-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/36834/104/resize/d36834-104-e86dae0474ca8761588f-1.jpg ]

期間 : 2021年11月1日(月)~2021年11月30日(火)
場所 : THE KNOT TOKYO Shinjuku 「MORETHAN GRILL」(2F)
    東京都新宿区西新宿4-31-1(TEL:03-6276-7654)
内容 : 「みやざき地頭鶏や綾町の有機野菜等を使った宮崎スペシャルメニュー」のご提供

※初日配送を2021年10月27日(水)ソラシドエア58便 宮崎発12:55-羽田着14:40に実施します。
【集荷ルート】 宮交シティ ~ 宮崎空港 ~ 空輸 ~ 羽田空港~ホテル

みやざき食農連携プロジェクト(LFP:Local Food Project)
宮崎県では本県の宝、強みである食資源の高付加価値化やポストコロナに対応した新たな活用を目指し、食と農に関する多様な関係者が参画して、各々の知識・技術・経験等が結集する“LFPプラットフォーム”を設置(R3.7)。地域における持続可能なフードビジネスの創出に向けて、様々な新商品・新サービスの開発がスタートしています。

2. 旭化成『Fresh Logi™(フレッシュロジ)システム』の技術を活用

空陸輸送では、宮崎県を発祥の地とする旭化成株式会社(以下、旭化成)にご協力いただき、Fresh Logi™ボックスを活用します。
航空業界では初めて、旭化成が開発したクラウド型生鮮品物流ソリューション 「Fresh Logi™システム」の技術を活用し、より鮮度にこだわり、低環境負荷での鮮度保持輸送を実施します。

サイズ:外寸(mm):幅:685×奥行515×高さ430、断熱材厚(mm)25、重量(kg):4.5
内寸(mm):幅620×奥行450×高さ370

旭化成「Fresh Logi™システム」について
「Fresh Logi™システム」は、「Fresh Logi™ボックス」を用いた、クラウド型生鮮品物流システムです。ボックス内の環境 (青果物の輸送・保管温度・湿度・ガス組成など)を詳細に感知することで輸送・保管環境をクラウド上で可視化します。さらに旭化成のインフォマティクス技術を活用して青果物の鮮度を推定・予測を行います。


[画像5: https://prtimes.jp/i/36834/104/resize/d36834-104-0b7298823d53549edd61-5.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/36834/104/resize/d36834-104-6a7492103ac292fce5d3-4.jpg ]



いちごの社名の由来でもある一期一会「人との出会いを大切に」という想い、ソラシドエアが掲げる「地域と人を繋ぐ」ローカルエアラインとしての想い、そして地元企業との連携を強化し、これからも新たな地域の価値の創出に向け、取り組んでまいります。

いちご(東証一部2337):
いちごは、人々の豊かな暮らしを支える「サステナブルインフラ企業」です。
サステナブルな社会を実現するため、現存不動産の新たな価値創造、遊休地を活用したクリーンエネルギーの創出を軸とした事業を推進しています。不動産とエネルギー、観光、スポーツ、エンターテインメント、カルチャー、農業等の融合を通して、生活のさらなる魅力を提供し、街や人々と共に、日本の将来に豊かさをもたらすことを目指しています。事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーとすることを目指す国際的なイニシアティブである「RE100」にも加盟しています。
いちご ホームページ:www.ichigo.gr.jp

宮交シティ:
宮交シティは、宮崎県内初の大型ショッピングセンター「宮交シティSC」を保有、運営するとともに、宮崎県においてスマート農業支援、ラジオ放送(宮崎サンシャインエフエム)等、宮崎におけるサステナブルインフラ事業の拠点となる会社です。「宮交シティSC」は、地域密着型のライフスタイルセンターとして、宮崎の皆さまの暮らしのニーズに応え、豊かな暮らしを支えています。宮交シティバスセンターを内包する交通拠点であるとともに、公共公益施設を多く抱え、多くの宮崎県民の方々にご利用いただいております。
宮交シティ ホームページ:www.miyakocity.com

ソラシドエア:
ソラシドエアは、本社を宮崎県宮崎市に構え「九州・沖縄の翼」として、羽田・沖縄と九州を結ぶ路線を展開しています。ボーイング737-800型機を揃え(14機保有)、毎日14 路線78 便を運航しています。
地域振興を目的とした“地域と人を繋ぐ”つながりは無限大『九州・沖縄プロモーター』”プロジェクトなどに取り組み、地元とともに新しいつながり、そして新しい価値を創造するエアラインを目指しています。
ソラシドエア ホームページ:www.solaseedair.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング