アデコ、茨城県の大卒等未就職者に就職支援を実施

PR TIMES / 2014年4月10日 15時39分

- 独自の研修プログラムで、地元企業への就業を全面的に支援 -



[2014年4月10日 東京]
世界最大の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:奥村真介、以下「アデコ」)は、このたび、茨城県が実施する「大卒等未就職者人材育成事業」を受託しました。本事業は、アデコが2年連続で受託しており、同事業を通じて通算77名の方々の就職を支援した実績が評価され、3年連続の受託となりました。

本事業では、大学、短大、高校、専修学校等を卒業後3年以内の未就業者50名を対象に、アデコが正社員としての就業に向けたサポートを行います。アデコは茨城県内では水戸、つくば、日立、鹿島の4ヶ所に拠点を擁しているため、県内各地域の特性を考慮し、地元企業に密着した就職支援を行うことが可能となります。

また、本事業では、就職に必要とされるビジネスマナーやOAスキル等を学ぶことを目的に、専任講師が独自のプログラムによる研修も行います。研修後、アデコと契約を結ぶ茨城県内の企業において職場実習を行い、就業に必要な実践的な知識と技能を習得したうえで、正社員としての就業機会を提供します。なお、本事業における研修・実習期間中、受講者には基本給のほか交通費が支給されます。

スケジュールは以下のとおりです。


茨城労働局の調べ(*1)によると、茨城県の2014年2月の有効求人倍率は0.96倍と改善傾向にあるものの、全国平均の1.05倍を下回る求人状況が続いています。このような状況下、アデコは全国で多くの未就業者の就職支援を行ってきた実績とノウハウを最大限に生かし、未就業の若年層の方たちの雇用の促進につながるよう貢献してまいります。
(*1) 茨城労働局「県内の雇用情勢の概況」による(2014年3月発表)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング