ボットネットを一掃:エフセキュアの新しいアンチボットは サイバー犯罪抑止に効果的

PR TIMES / 2013年2月21日 9時19分

ネットワークベースのボットネット除去ツールにより、エフセキュアはISPにはビジネスパフォーマンスの大幅な向上を、その顧客には便利さをもたらします。

ヘルシンキ発 - フィンランド本社発表資料抄訳


ボットネットは世界中で何千万ものユーザのPCを操っています。このような中、エフセキュアは各ISPのネットワーク上の感染したPCやデバイスをクリーニングすることによりこのボットネットと戦う新製品を発表します。エフセキュア アンチボットは、シンプルな自己クリーニングプロセスでユーザをガイドしてネットワーク上の感染したデバイスをクリーンにするもので、ISPのヘルプデスクへの問い合わせの必要を減らします。


エフセキュアの最新版「Threat Report」で詳しく言及されているように、ボットネットは新しいパッケージング、手法、ビジネスモデルにより衰えるところを知りません。世界で最も早いスピードで蔓延しているZeroAccessは、2012年には数百万台ものPCに感染し、それらのPCを大規模なクリック詐欺とBitcoin(デジタル通貨)マイニングのために使っています。同様にバンキング専門のトロイの木馬であるZeusは、被害者のオンライン銀行口座から預金を不正に吸い上げて多大な損害を与えています。


ボットネット:個人ユーザにとっては迷惑、ISPにとっては重荷


「調査によって差がありますが、6%から20%程度の人がいまだにアンチウイルスソフトを使っていません」とエフセキュアラボで主席研究員を務めるミッコ・ヒッポネンは述べています。「そうしたコンピュータは最も感染しやすく、クリーンなネットワークを望むISPにとって問題です。アンチボットは個々のコンピュータのアンチウイルスソフトの有無に関わらず機能するのでこの問題の解決に役立ちます。」


ボット(ロボットを縮めた呼び方)はマルウェアに感染してサイバー犯罪者にリモートから操作されるPCやデバイスで、ボットネットはそのような感染したデバイスのネットワーク全体を指します。サイバー犯罪者たちはお金を得るために、感染したデバイスを用いてスパムの送付、広告の表示やクリック、またスマートフォンでは有料課金番号向けのSMSの送付を行います。あるいはデバイスを人質に取って身代金を払うまでデバイスを操作させないようにすることもできます。犯罪者たちはまた、ボットネットを使ってDDoS攻撃をしかけて企業のウェブサイトをダウンさせます。
通常、個人ユーザは自分のPCがボットネットの一部となってしまったことになど気づいていません、とヒッポネンは述べています。「あなたが普段の生活をしているときに、あなたのPCはゾンビ軍団の一部と化してサイバー犯罪者の命令を実行しているのです。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング