<若手社員の職場飲み会に関する意識調査>

PR TIMES / 2012年4月23日 9時25分

意外!? 新社会人の7割以上が“飲みュニケーション”に期待!
6割が職場飲み会に「行きたい」、仕事以外のプライベートな話もしたい、
だけど・・・何を話していいのか分からず、マナーやお酒の無理強いが不安

 飲食店情報サイト「ぐるなび」を運営する株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎)は、新社会人と社会人2、3年目の男女を対象に、職場の飲み会に関する意識調査を実施しました。
 新入社員が入ってきて、これから飲み会に誘おうかと考えている上司、先輩社員も多いと思います。最近の若手社員は上司からの飲み会の誘いを断ったり、職場の飲み会に参加しない傾向があるとも言われますが、新社会人の7割は飲み会をコミュニケーションの場として期待し、6割が「行きたい」と思って
いることが、本調査で分かりました。
 一方で、飲み会に対する新社会人ならではの不安も見えてきました。上司、先輩社員の方々は、新社会人を含む若手社員との「飲みュニケーション」の際に、参考にされてはいかがでしょうか?

【調査概要】
 ■調査方法:インターネット調査
 ■調査実施期間:2012年4月10日(火)~11日(水)
 ■調査対象:社会人1年目~3年目の男女(20歳~27歳)
 ■サンプル数:624人(新社会人187人、2年目211人、3年目226人 )


★若手社員の飲み会離れが著しいと言われるが、新社会人の6割、2,3年目の若手社員の5割は飲み会に「行きたい」

Q1.あなたは、職場の上司や先輩・後輩などと飲みに行きたいと思っていますか?     
※n= 624(新社会人:187、2年目:211、3年目:226 )、 単一回答

新社会人のおよそ6割(行きたい・まあまあ行きたい 計57.8%)が、職場の飲み会に行きたいと答えています。会社に入ったばかりなので、オフィス外での上司や先輩とのコミュニケーションを求めているのでしょうか。
 社会人2年目になると、「行きたい」(15.6%)が新社会人に比べて10.6ポイントも減少しますが、それでも、社会人2・3年目の若手社員の約5割は「行きたい」と思っています。
 職場の飲み会を敬遠する若手社員が多いと言われる中では、意外にも多い結果ではないでしょうか。


★飲み会に行きたくない理由は、新社会人「帰りが遅くなる」、2年目「疲れる」、3年目「プライベート優先」

Q2.Q1で「どちらともいえない」~「行きたくない」と答えた方に質問です。職場の上司や先輩・後輩などと飲みに行きたいと思わない理由は何ですか?    
※n= 296(新社会人:79、2年目:112 、3年目:105)、 複数回答 (上位4位のみ表記)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング