ESMO2012で発表されたLUX-Lung 3の新たなデータから、不可逆的ErbBファミリー阻害薬アファチニブ*が日常生活を制限する肺がん関連症状とQOLを有意に改善することが示される

PR TIMES / 2012年10月5日 19時22分

この資料は、ドイツのベーリンガーインゲルハイム(Boehringer Ingelheim GmbH)が9月28日に発表したプレスリリースを日本語に翻訳したものです。なお、日本の法規制などの観点から一部、削除、改変または追記している部分があります。この資料の内容および解釈についてはオリジナルが優先することをご了承ください。

*アファチニブは開発中の新規化合物です。その有効性と安全性はまだ十分に確立していません

2012年9月28日 オーストリア/ウィーン

上皮成長因子受容体(EGFR、別名ErbB1)遺伝子変異を有する非小細胞肺癌患者を対象に実施された試験として、最大規模かつ最も頑健性の高い臨床試験であるLUX-Lung 3試験の新たなデータから、不可逆的ErbBファミリー阻害薬である新規化合物アファチニブ*が、非扁平上皮非小細胞肺癌において標準化学療法の1つであるペメトレキセド/シスプラチン(以下、標準化学療法群)と比較して、肺がん関連症状(咳嗽、呼吸困難、胸痛)をより良好に、より長期にわたってコントロールするだけでなく、健康関連のQOLも改善することが示されました1,2。この新たな知見はEGFR遺伝子変異を有する非小細胞肺癌患者における一次治療薬としてのアファチニブ*の有効性をさらに裏付けるものです。

事前に特定した3つの肺がん関連症状(咳嗽、呼吸困難、胸痛)に関する患者の質問票を解析したところ、アファチニブ*投与群では、呼吸困難の有意な改善(64% vs. 50%、p=0.0103)、胸痛の改善傾向(59% vs. 48%、 p=0.0513)、咳嗽の数値としての改善(67% vs. 60%、p=0.2444)がみられました1。

またアファチニブ*投与群では、標準化学療法群と比較して、咳嗽(HR=0.60、p=0.007)および呼吸困難(HR=0.68、p=0.0145)症状が増悪するまでの期間も有意に延長されました1。さらにアファチニブ*投与群では、身体機能、日常役割機能、認知機能、そして全般的なQOLの改善がみられました1。

The Global Lung Cancer Coalitionの議長マシュー・ピータース博士(Dr Matthew Peters)は「疲労、息切れ、胸痛といった肺がん関連症状は非常につらいものであり、患者さんのQOLに大きな影響を与えます。進行非小細胞肺癌患者さんの約90%は、精神的苦痛を伴う2つ以上の肺がん関連症状を経験しています3。そのため治療薬のベネフィットを評価する際には、こうした関連症状やQOLなども考慮することが重要です」と述べています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング