昭和の時代を駆け抜けた鉄路たち ほっとバスに新企画「廃線探訪」登場!札幌発「定山渓鉄道・夕張鉄道」同時発売

PR TIMES / 2013年8月26日 20時12分



(株)日本旅行(本社:東京都港区、社長:丸尾和明)のグループ会社で、北海道地区で着地型ツアーを取扱う北海道オプショナルツアーズ(株)(通称 ほっとバス・本社:札幌市・社長:落合周次)では、札幌発の「廃線探訪:定山渓鉄道・夕張鉄道」の2コースを発売します。
*札幌までの、交通手段を各自ご手配頂き、全国からご参加いただけます。

この商品は、昭和の時代を駆け抜けた鉄路の遺構をテーマにし、秋の紅葉を楽しみながら散策や見学などをする商品です。廃線から年月が経過し、その遺構もどんどん消滅しようとしています。今回はそれらの鉄道遺構の保存や記録に携わっている方をコーディネイターに迎え、日帰りでバス旅を楽しみながら、学んだり懐かしんだりする企画となっています。

この商品には、実際にこれらの路線に乗車経験のある方や、かつての沿線住民などの有縁のみなさま、また遺構の探訪などを趣味とする鉄道愛好家の方々など、幅広い層の参加を見込んでいます。

10月19日の定山渓鉄道コースは、札幌中心部の旧駅舎の所在地をバス車窓から楽しんだ後、現存する旧石切山駅舎の建物の見学や、簾舞以南では紅葉が期待できるスポットで下車散策を楽しみながら見学をします。午後は豊羽鉱山線の一部線路の痕跡を探訪するほか、さっぽろ湖での紅葉観賞などを予定しています。
また10月26日の夕張鉄道コースでは、起点の野幌から見学を開始し、現在は道路になった線路跡をほぼ忠実に走りながら見学をし、終点の夕張市に向かいます。午後は大夕張鉄道の遺構を訪ね、当地の温泉での入浴や紅葉の名所「滝の上公園」での休憩なども予定しています。

商品内容詳細につきましては、別添のパンフレットにてご確認ください。
受付は、電話予約(011-212-1170:年中無休9~18時)のほか、インターネットサイトでも受け付けます。http://www.hotbus.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング