~働く男女の~バレンタイン実態調査2013(マクロミル)

PR TIMES / 2013年1月31日 13時50分

インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、
全国の20~49才の社会人(会社員、公務員)を対象に、
「~働く男女の~バレンタイン実態調査2013」を実施いたしました。
調査手法はインターネットリサーチ。
調査期間は2013年1月22日(火)~1月23日(水)。
有効回答数は1000名から得られました。



~働く男女の~バレンタイン実態調査2013

■ 働く女性の83%が“バレンタイン商品を買う予定がある” バレンタインに掛けるお金は4,758円
■ バレンタインチョコが多様化。4年前から“ご褒美チョコ”12ポイント、“友チョコ”が8ポイント増加
■ バレンタインは、“感謝の日”39% > “愛を伝える日”25%
■ 働く男性の5人に1人がバレンタイン商品を購入予定。日本のバレンタイン、欧米化?


====================================================================
■ 働く女性の83%が“バレンタイン商品を買う予定がある”
  バレンタインに掛けるお金は4,758円
====================================================================

 全国の働く女性に、バレンタイン商品の購入予定があるかを尋ねたところ、
83%の人が「購入予定がある」と回答しました。
内訳は、「チョコのみ」60%、「チョコ+プレゼント」21%、「プレゼントのみ」2%となっています。
また、今年のバレンタインに掛ける予算の合計を尋ねたところ、平均4,758円でした。
中でも、「5,000 円」と回答した人が93 名と最多でした。

====================================================================
■ バレンタインチョコが多様化。
  4年前から“ご褒美チョコ”12ポイント、“友チョコ”が8ポイント増加
====================================================================

 今年のバレンタインにチョコを購入する女性に、贈る相手について伺うと、
最も多かったのが「恋人・夫(本命チョコ)」で64%、次いで2位が「会社の上司(義理チョコ)」で32%、
3位が「親(ファミチョコ)」で30%となっています。
20~30代の結果を2009年の調査と比較すると、「会社の上司(義理チョコ)」は18ポイント、
「会社の同僚・部下(義理チョコ)」は14ポイントと減少している一方、
女友達への“友チョコ” が8ポイント、自分自身への“ご褒美チョコ”は12ポイント増加しており、
バレンタインチョコが多様化してきていることがうかがえます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング