“Nitto”ブランドのもと、さらなる多軸化で、グローバルな市場に挑みます!

PR TIMES / 2014年1月6日 9時29分

-世界の暮らしを変える商品で、お客様と“Nitto”ブランドが出会う、最前線のタッチポイントを創出します-

2014年頭所感



新年、あけましておめでとうございます。

◆Nitto Denko から、“Nitto”へ。新しい挑戦が始まりました。
- 昨年、10月1日より、呼称を「日東電工」から“Nitto”とし、日東電工グループは、ブランドマークを刷新しました -

日東電工グループは、2018年の100周年(*1)に向け、既存事業の拡大に加え、“グリーン・クリーン・ファイン”
(環境・新エネルギー・ライフサイエンス)(*2)など、新たな事業領域の展開を図りながら、グローバル化のセカンドステージと
して、中国、インド、ブラジル等の新興国で、ANT(エリアニッチトップTM)(*3)戦略による製品の創出に取り組んでいます。

今後、グローバル市場でのさらなる成長のために、提供する製品やサービスを、世界各地のお客様をはじめとする 多くの
ステークホルダーに幅広く知っていただくことが重要となります。そのため、「日東電工」の呼称を“Nitto”とし、そのブランド
“Nitto”を印象づけるブランドマークに刷新しました。

このブランド刷新により、「Denko(電工)」というイメージに拘束されない、さまざまな事業領域での可能性を追求し、視認性を
高めたブランドマークで“Nitto”のブランド力を世界各地で高め、持続的な成長を目指します。

◆海の向こうのくらしを変える! “コロコロR”も、ともに、グローバルブランドの確立を目指します。

先進国・日本で、発売から30年、進化を続けるロングセラー商品、粘着クリーナー“コロコロ”。世界のどこでも 手にできる
「Made in Japan」製品とは異なり、現在のところは日本を訪れたお客様が手にして驚く「メイド・イン・ニッポン」オンリーワン
商品の代表格。きめ細かな配慮や、使う相手を思いやるニッポン社会で育てられた“コロコロ”。お隣、韓国へ消費地生産による
進出をして4年目。厳寒のこの冬、“オンドル(床下  暖房)用コロコロ”、40℃ともなる高温熱伝導でも変質しない粘着設計や
石板・フローリング床にも貼りつかずに、ゴミはよくとるパターン粘着塗工技術など、ニッポンのお掃除スタイルを変えた
“コロコロ”も、大陸の寒波直下の韓国で固有のANT(*3)(エリアニッチトップ)製品に替わっています。また、中国においても
大都市限定ながら、 粘着で掃除する『コロコロ体験』は、大きな関心を集めています。靴履きでのカーペット床から除去する
対象は、 普及するにつれ“ニッポンモデル”そのものから、適材適所に使い心地のよいモデルへと、世界のくらしの難問を
解決する 商品として、グローバルブランドデビューに備えます。これこそが、私たちが考えるANTTM(*3)なのです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング