教育講座の新メニュー「ソリューション別研修」を提供開始

PR TIMES / 2014年11月20日 17時20分

本日より、「統計・分析のためのデータ加工入門」、「WPS Softwareプログラミング」の受付をスタート

 データ分析および関連サービスを提供する株式会社ブレインパッド(本社:東京都港区、代表取締役社長:草野 隆史、以下ブレインパッド)は、「ブレインパッド 教育講座」の新たなメニューとして「ソリューション別研修」を提供することを発表いたします。



 第一弾として、ブレインパッドが提供するデータ分析ソフトウェア「WPS Software」を使用した「統計・分析のためのデータ加工入門」、「WPS Softwareプログラミング」の2講座を開発し、本日より個人向けおよび企業・団体向けに受付を開始いたします。
 ブレインパッドは、ソリューション事業としてデータ分析やマーケティング業務で利用できる各種ソフトウェアの販売と活用のご支援を行ってまいりました。今回、製品の使用方法や知識を深め、より高度なデータ分析を実施するための研修プログラムが必要との多くのお客さまからのニーズに対応するべく、ソリューション別研修を開設いたしました。 


 ブレインパッドは、創業来10年にわたり蓄積してきた分析ノウハウと、社内向けに実施してきた人材育成プログラムを体系化した教育講座を2013年より提供してまいりました。
 昨今、企業に蓄積された購買履歴やウェブ・アクセスログ、キャンペーンメールの開封データ等、数百万件のデータを、マーケティング部門の担当者や業務部門の担当者が自らハンドリングして業務に活かしたいというニーズが増加しております。
 WPS Softwareを使用したソリューション別研修では、そのようなニーズにお応えするべく、限られた人員の中で、膨大なデータの取り込み、加工、集計、レポート作成、統計解析や予測処理を、業務部門の担当者が自律的に行えることを支援してまいります。あわせて、分析・データ活用を行う際に必要なソフトウェアの特性をより熟知した人材の育成支援を図ってまいります。

■ソリューション別研修の各講座の特徴
●「統計・分析のためのデータ加工入門」
 ビジネスシーンで必要なデータ分析の基礎となる外部データの入出力、統合、集計、分析までの基本的な処理方法といった一連の流れを学ぶことができます。

●「WPS Softwareプログラミング」
 統計解析やデータマイニングの基礎となる、分析前の加工処理に関する必要な知識を掘り下げて学ぶことができます。また、実際の業務での活用を想定し、分析でよく使われる指標を用いた演習問題を実施いたします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング