ショッピングでの支払いに関する意識調査を実施

PR TIMES / 2014年3月20日 19時42分

デビットカードの認知度は1割、利便性への評価は7割 ~クレジットカード保有者でも、5,000円までは半数以上がカード使用せず~

株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパン
ネット銀行)は、2014年2月28日(金曜日)~2014年3月3日(月曜日)、ショッピングの支払いに関するアンケート調査を実施しました。本アンケートでは、ネットショッピング利用経験のある全国の18歳から69歳の男女600名にご協力いただきました。



【調査結果トピックス】

■店頭での支払い、クレジットカード保有者でも5,000円までは半数以上がクレジットカードを使用せず。

■クレジットカードの利点、1位「ポイントがたまる」、2位「公共料金の支払いができる」、3位「現金の持ち歩きが不要」。
一方、不満点・不安点は1位「年会費」、次いで「セキュリティ」。

■デビットカードの認知度、「サービス内容を理解している」のは約1割。
利便性については7割近くが評価。


【調査結果について】
回答データのグラフを含めた詳細はこちらをご覧ください。
http://www.japannetbank.co.jp/company/news2014/pdf/140320.pdf

ショッピングにおける決済手段は、現金、クレジットカードに加えて、電子マネーやデビットカードなど多様化しています。その中のひとつデビットカードは、申込時の審査がなく、利用代金が銀行口座から即時引き落としになるサービスです。取扱銀行の増加や新ブランドの参入が決定するなど、いまデビットカードへの関心が高まっています。
また、インターネットショッピングも私たちの生活に定着し、総務省の発表した情報通信白書によると、利用者は2002年で33.2%、2010年では46.1%と8年間で12.9ポイント増加しています。
これらの背景を元に、今回はショッピングにおける支払いの実態と意識について調査を行いました。
主な調査結果をご紹介いたします。

■クレジットカード保有者の半数以上が、店頭での支払いには5,000円まではクレジットカード以外を選択。

クレジットカード保有者に店頭での支払方法について聞いてみると、購入金額が5,000円を超える場合にクレジットカードを利用する傾向が強く、5,000円未満では他の支払方法を選択していることがわかりました。

■支払方法、ネットショップでは「クレジットカード」使用が最多。金額による変化はほぼ見られず。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング