ボッシュは全クラスの二輪車向けにカスタマイズされた パワートレイン システムを初めて提供

PR TIMES / 2014年6月24日 10時42分

市場に参入

- 低価格セグメントの二輪車用ソリューションも提供
- エンジンECUをスマートフォンに接続
- 自動二輪車の世界市場は2020年に約1億5,000万台に到達




ボッシュは、幅広い統合システムで二輪車用パワートレインの世界市場に参入しようとしています。ボッシュには、どのような車両にも適用可能な電子制御燃料 噴射システムを開発してきた実績があり、そこで蓄積された知識に基づいて、アジア向けの安価な単気筒二輪車をはじめ、欧州や北米で普及している高性能バイ ク向けに至るまで、幅広いソリューションを提供することができるのです。ロバート・ボッシュGmbHでパワートレイン テクノロジーを担当する取締役会メンバーのロルフ・ブーランダーはこう述べます。「ボッシュの自動車用パワートレイン テクノロジーは、品質と効率性において評価をしていただいています。二輪車向けのテクノロジーでも同様の評価をいただけるようにしていきたいと考えていま す」。ボッシュの自動車用パワートレイン テクノロジーは何十年にもわたり、効率性、快適性とドライビング プレジャーに貢献してきました。 ただこれまで二輪車セグメントにおいては、ボッシュは主に自動車用コンポーネントを高性能な二輪車向けとして設計を変更し、適応させていました。

今後、二輪車ユーザーは、燃費向上やCO2排出量の削減、さらにエンジン性能などの点において、ボッシュのシステム ソリューションがもたらす優れた効果を自分の目で確かめられるようになっていきます。さらにボッシュは、統合されたシステム アプローチをアジアの低価格モデルにも適用しようと考えています。二輪車市場は特にインドと東南アジアにおいて、2桁の年間成長率を維持しています。一方 のキャブレター テクノロジーの人気は、アジアにおいても他の地域と同じく衰退する傾向にあります。「乗用車の場合、今ではどの新車もキャブレターを装備していません。こ れと同じ傾向が二輪車でも見られるようになるでしょう」(ブーランダー)。新興成長市場において、ボッシュは高効率な電子制御燃焼噴射システムに期待をか けています。技術的には、これはボッシュが数百万個を生産している乗用車用ポート噴射システムに相当します。

革新的な開発と改良を続け、ボッシュは単気筒エンジン用電子制御ソリューションを標準的なキャブレター システムに近い価格で提供できるようになりつつあります。付加機能を備えたコンパクトなエンジンECUとインジェクターは、コストを低く抑えるのに大きく 寄与しています。さらに、ボッシュは燃焼プロセスとエンジン ダイナミクスにおける豊富な経験と専門知識を生かすことでさらなるコスト パフォーマンスを可能にし、センサーを少しでも省くような機能とソフトウェアの開発を進めています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング