【缶コーヒーに関するアンケート調査】缶コーヒーの選定基準は「味」がトップ、「糖類の量」「タイプ」「価格」が続く。「価格」は過去調査に比べて増加傾向

PR TIMES / 2014年4月15日 10時7分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、7回目となる『缶コーヒー』に関するインターネット調査を2014年3月1日~5日に実施し、11,912件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18801/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■缶コーヒーを飲む人は7割強で、過去調査と比べて減少傾向。週1本以上飲む人は全体の3割弱、男性30・40代では各半数
■缶コーヒーの選定基準は「味」がトップで、「無糖・微糖などの糖類の量」「タイプ」「価格」が続く。「価格」は過去調査に比べて増加傾向
───────────────────────────────────────────



◆缶コーヒーの飲用頻度、直近1年以内に飲んだ銘柄
缶コーヒーを飲む人は72.0%で、過去調査と比べて減少傾向です。週1本以上飲む人は全体の26.3%、男性30・40代では各半数弱を占めます。

直近1年以内に飲んだ銘柄は、「BOSS」「GEORGIA」が各5割強で上位2位、以下「FIRE」「WONDA」「Roots」が各2~3割で続きます。


◆缶コーヒーを飲みたいシーン
どういう時に缶コーヒーを飲みたいと思うかを聞いたところ、「休憩中」「リラックスしたい時」「気分転換したい時」「車を運転する時」などが上位となっています。10・20代では「眠気を覚ましたい時」「集中したい時」が多くみられます。『ヘルシアコーヒー』主飲用者では「昼食後」が最も多く、『UCC ミルクコーヒー』主飲用者では「甘いものが飲みたい時」が多くなっています。


◆缶コーヒーの選定基準
缶コーヒーの選定基準は「味」がトップで、「無糖・微糖などの糖類の量」「タイプ(ブラック、カフェオレ、マイルドなど)」「価格」が続きます。「価格」は過去調査に比べて増加傾向です。『UCC BLACK無糖』主飲用者では、「無糖・微糖などの糖類の量」が最も多くなっています。『UCC ブレンドコーヒー』『UCC ミルクコーヒー』主飲用者では「価格」が各5割前後と、他の層より多くなっています。


◆缶コーヒー選定時の情報源
缶コーヒーを選ぶにあたり、参考にする情報源がある人は缶コーヒー飲用者の半数強です。「テレビ番組・CM」(31.8%)が最も多く、「店頭の情報(POPなど)」「商品パッケージの説明」が続きます。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング