1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

凸凹キッズがつまずきやすい2学期を成長のチャンスに変えるママの対応が分かる小冊子無料配布開始

PR TIMES / 2021年9月27日 12時15分

何度言っても動かない子が驚くほど切り替え上手になる本~叱りすぎを卒業して穏やかに伸ばすママになれる!1日1分ロジトレワーク付~

株式会社パステルコミュニケーション(本社:東京都豊嶋区、代表取締役吉野加容子)代表の吉野加容子が開発した、親子のコミュニケーションをスムーズにして子どもの発達を加速させる「発達科学コミュニケーション」講師・森あやによる「何度言っても動かない子が驚くほど切り替え上手になる本~叱りすぎを卒業して穏やかに伸ばすママになれる!1日1分ロジトレワーク付~」を無料配布開始しました。ダウンロードはこちら< https://www.agentmail.jp/lp/r/3018/21216/>)



[画像1: https://prtimes.jp/i/54387/106/resize/d54387-106-7ff9083fbcfdc5798806-0.png ]



はじめまして 発達科学コミュニケーションマスタートレーナー・森あやです。私は言うことを聞かない凸凹キッズに思考力を与え、怒らずロジカルに伸ばす専門家として活動しています。


この度は、凸凹キッズがつまずきやすい2学期を成長のチャンスに変え、子どもの自立を加速させて親子でラクに過ごせるようになる方法をお伝えする小冊子をリリースしました。


個別相談でママたちからお話を伺っていると、


・いつまでも遊んでいて宿題を後回しにする

・何度声をかけてもなかなかお風呂に入ってくれない

・登校時間になってもなかなか家を出られない

・強制的に終わらせようとすると癇癪やパニックになる


など、

「何度言っても全然動かないんです」

「行動の切り替えができないんです」

というお悩みをよく聞きます。


こんな風になかなか言うことを聞いてくれない我が子に、ついあれこれ言ってしまったり、感情的になってしまったり、責めるような口調になったりと言うママは多いです。


凸凹キッズは

不注意だったり、

衝動性が強かったり、

こだわりが強かったりと


色々な特性を持っているため、どうしても切り替えがうまくいかなかったり、指示が通りにくかったりする場面が多々あります。


しかし、ここで叱りすぎてしまうと、


・考える力が育たなくなる

・自信をなくす


など発達に悪影響を与えてしまうので注意が必要です。


そこでママが論理的思考(ロジカルシンキング)を身につけて、イライラせずに適切な対応ができるようになることが大事になってきます。


論理的思考とは「問題をできるだけ簡単に解決していく力」のことです。


この小冊子では1日1分のワークに取り組むことで子育ての困りごとを簡単に解決する力がつき、怒らずに凸凹キッズを育てることができる、オリジナルのトレーニングを紹介しています。


この小冊子で凸凹キッズを切り替え上手にするために「本当に必要な関わり方」を身につけて、お子さんをどんどん成長させてくださったら嬉しいです。


<目次>


はじめに
我が子が切り替え上手になるとこんな未来が待っています!
叱りすぎを卒業して穏やかに伸ばすママになる!1日1分”ロジトレ”
おわりに



< ダウンロード方法>


https://www.agentmail.jp/lp/r/3018/21216/

こちらより、メールアドレス・お名前をご登録してお受け取りください。


[画像2: https://prtimes.jp/i/54387/106/resize/d54387-106-744c36a89a59272c5db2-1.png ]


【著者プロフィール】
発達科学コミュニケーションマスタートレーナー森あや

言うことを聞かない凸凹キッズを怒らずにロジカルに伸ばす専門家です。ママが「子育てをラクにする思考法」を身につけると、問題行動が解消するだけでなく、凸凹キッズに“AI時代を生き抜く思考力”まで授けることができるんです。何をやっても怒ることがやめられなかった子育て経験を生かし、親子で幸せになれる方法をお伝えします。


こちらで詳しい情報をお届けしています。
https://desc-lab.com/moriaya/?pr


[画像3: https://prtimes.jp/i/54387/106/resize/d54387-106-c0f0afe8e6297b87cffe-2.jpg ]

■発達科学コミュニケーションとは?

発達科学ラボ主催の吉野加容子が、臨床発達心理⼠として15年間行ってきた発達支援の実績と経験、および脳科学・心理学・教育学の知識をベースに独自にまとめた、科学的根拠に基づいた、脳の成長・発達を促すコミュニケーション法です。子どもの特性を理解し、子どもの良さを引き出す日常のコミュニケーション術です。発達科学コミュニケーションをマスターすれば、お子さんと会話するだけで、お子さんの困った行動が減り、意欲や能力が伸びます。


[画像4: https://prtimes.jp/i/54387/106/resize/d54387-106-3c5abd7db3d591aab3ac-3.jpg ]


【会社概要】
社名:株式会社パステルコミュニケーション
代表者:吉野加容子
所在地:〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階
事業内容:子育て講座の運営/発達に関するリサーチ・開発/起業支援事業
URL: https://desc-lab.com/


「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を目指し、関係するすべての人々、関連機関・団体が一体となって取り組む国民運動、「健やか親子21」応援メンバー


記事にするしないに関わらず、情報収集の一環としてお気軽にお問い合わせくださいませ。リサーチ・ご要望・ご相談などもお気軽にお問い合わせください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング