1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

電力自由化以降変更した人は約4割、複数回変更も/「関西の新電力」ランキング 利用率・サービス満足度第1位は「大阪ガス」、価格満足度第1位は「auでんき」、継続意向第1位は「ENEOSでんき」

PR TIMES / 2021年7月7日 14時45分

シルミル研究所のWebコンテンツ「ウーマンリサーチ」が実施した「関西エリアの電力会社」に関する調査

園児とママの情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」を発行する株式会社こどもりびんぐ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:中島一弘)は、 「シルミル研究所」としてリサーチ事業を展開しています。「シルミル研究所」では、女性を対象にした調査「ウーマンリサーチ」を実施し、 女性が選ぶおすすめの商品やサービスをランキング形式で、Webコンテンツとして発信しています。今回は2021年4月~6月に実施した「関西の電力会社についての調査」の結果を発表いたします。
【詳細はこちら】  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/860360/



[画像1: https://prtimes.jp/i/57067/106/resize/d57067-106-2f3f7592e3f0b9b4f0e7-0.png ]




今回のテーマは女性が選ぶ「関西エリアの新電力」ランキング

2021年4月~6月に実施した調査において、「大阪ガス」が利用率・サービス満足度2年連続の第1位、「auでんき」が価格満足度第1位、「ENEOSでんき」が次も利用したいサービス(継続意向)第1位となりました。
▼「大阪ガス」  https://home.osakagas.co.jp/electricity/
▼「auでんき」  https://www.au.com/electricity/
▼「ENEOSでんき」  https://www.eneos.co.jp/denki-kyotsu/


電力自由化以降、電力会社を変更した人は約4割。コロナ禍で電気代増は約半数

ウーマンリサーチでは、Web会員を対象に「関西エリアの電力会社」についての調査を実施。関西在住、または2016年4月以降に関西在住歴のある回答者405人中、 電力小売全面自由化以降に電力会社を「変更した」人は41.5%と、昨年同時期調査時の36.6%を上回りました。2021年3月に実施した関東エリア調査の47.1%と比較すると、やや関西の方が少ない結果となりました。また、複数回電力会社を変更した人は7.4%でした。変更時期は「2年以内」が58.4%と、この2年で変更した人が多い結果に。コロナ禍で電気料金が「上がった」と答えた人は47.9%と、「下がった」0.5%に比べて増加傾向が見られました。今回は「関西エリアの新電力」について、利用時に重視したポイントなど、詳しく聞きました。


女性が選ぶ関西の新電力、利用率・サービス満足度第1位は「大阪ガス」、価格満足度第1位は「auでんき」、次も利用したい(継続意向)第1位は「ENEOSでんき」が受賞

利用率で2年連続第1位(表1)を受賞した「大阪ガス」利用者からは、「安定した供給とサポートが頼もしい」(30代・大阪府)という声が寄せられました。同社は「サービス満足度」でも2年連続第1位を受賞しています。また、価格満足度第1位(表2)を受賞した「auでんき」利用者からは、「携帯料金とセットで安くなるのが嬉しい」(50代・京都府)、次も利用したいサービス(継続意向)第1位(表3)を受賞した「ENEOSでんき」は、「手続きが簡単で、価格も安くなったので良かった」(30代・和歌山県)と支持する声が寄せられました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/57067/106/resize/d57067-106-0dade55560db3eebe87a-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/57067/106/resize/d57067-106-e220ff06d43edb946223-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/57067/106/resize/d57067-106-e2d39acfca8eeb83ac8b-1.jpg ]




変更のきっかけは「今よりも安い料金プランが出たこと」、重視したポイントは「料金の安さ」

電力会社を変更したきっかけは「今よりも安い料金プランが出たこと」が40.1%と最も多く、次いで「電気料金を高いと感じたこと」(35.7%)、「他のサービス(ガス・携帯電話など)とのセット割が出たこと」(26.9%)と続きました(複数回答)。電力会社変更を検討するためにとった行動は、「企業のホームページで料金のシミュレーションをした」(41.9%)、「インターネットで情報収集をした」(29.5%)、「店頭や電話でスタッフに直接話を聞いた」(27.8%)と、インターネットで調べるだけでなく、直接スタッフに問い合わせをした人も多くみられました(複数回答)。
現在契約している電力会社を利用する際に最も重視したポイントは、「料金の安さ」が43.5%と最も多く、次いで「他の商品とのセット割引やポイント制度などのサービスが充実」、「料金メニューや契約手続き・サービスの分かりやすさ」という結果に(グラフ1)。 「料金の安さ」を重視する人の割合は、関東エリアの36.4%を上回りました。また、関東エリアに比べて、料金やサービス・手続きの分かりやすさを重視する人が多い傾向も見られました。


[画像5: https://prtimes.jp/i/57067/106/resize/d57067-106-45c3ad5926a6109745b4-4.jpg ]




35.3%が在宅ワークを実施。在宅ワーク手当支給は2割

自分、または同居の家族が在宅ワークをしている人は35.3%。うち、在宅ワークに伴う手当てが「支給されている」人は20.8%という結果でした。支給額は「やや少ない」「とても少ない」と感じている人が56.7%と半数以上でした。支給額がやや少ないと感じている人からは、「在宅時間が長く、PCをずっと使用していることで電気代がかさんでいる。夏場はエアコンなど冷房費もかかるので、もう少し手当を増やしてほしい」(50代・大阪府)など、在宅ワークに伴う諸経費の増加を懸念する声が寄せられました。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/57067/table/106_1.jpg ]


株式会社こどもりびんぐは、小学館グループで園児とママ向け情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」の発行、ウーマンリサーチ等女性を対象とした「リサーチ事業」を展開するメディア事業者です。今後もウーマンリサーチでは、さまざまなテーマで調査を実施、報告してまいります。第1位を受賞された企業には、受賞ロゴ・調査データ活用のご提案もしております。受賞ロゴは店頭ツール・商談資料・ブランドサイト・検索エンジン等、幅広くご活用いただけます。詳しくはお問い合わせください。

【ウーマンリサーチ 過去のランキング】
・麦茶  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/855302/
・ふるさと納税サイト  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/856884/
・フリーズドライみそ汁  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/858857/
・液体肥料  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/859259/
 

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング