学研グループのブックビヨンド、コラムサイト「フムフム」をオープン!

PR TIMES / 2014年11月20日 16時2分

★キャッチコピーは「スキマ時間のなるほど!メディア」
★グルメ、お金、恋愛、健康など、みんなが気になる8つのテーマのコラムを掲載
★国内唯一!出版社も電子書籍ストアも限定しない電子書籍紹介サイト

学研グループのデジタル事業会社である株式会社ブックビヨンド(東京・品川/社長:織田信雄)は、すぐに役立つ実用コラムを掲載するウェブサイト「フムフム」をオープンします。

◇スキマ時間のなるほど!メディア [フムフム]
http://fum2.jp




■キャッチコピーは「スキマ時間のなるほど!メディア」

フムフムは、ちょっとしたスキマ時間で、日々の生活に役立つコラムを無料で読めるウェブサイトです。1本のコラムの文字数を1,500~2,000字に抑えているので、電車での移動中や待ち時間、オフィスの休憩時間など、ちょっとしたスキマ時間に興味のある情報だけをササッと読むことが可能です。もちろんスマートフォンにも対応しており、いつでもどこでもハウツーが満載のコラムを楽しむことができます。


■グルメ、お金、恋愛、健康など、みんなが気になる8つのテーマのコラムを掲載

取り扱うテーマは「グルメ」「お金」「恋愛」「健康」「仕事」「遊び」「学び」「暮らし」の8つ。職場や家庭の人間関係の悩みを解消するヒント、健康な生活につながるちょっとしたコツ、毎日の暮らしに役立つ豆知識など、より多くの人が興味を持つテーマのコラムを掲載します。


■国内唯一!出版社も電子書籍ストアも限定しない電子書籍紹介サイト

さらに、コラムを読んだ後には、より内容を深く知ることができる電子書籍を購入することも可能です。読みたいと思ったときにすぐに購入できてすぐに読めるという、電子書籍のメリットを最大限に活用できます。
紹介する電子書籍は特定の出版社に限定せず、複数の電子書籍ストアの商品ページへダイレクトにリンクしています※1。出版社も電子書籍ストアも限定しない電子書籍紹介サイトは、国内では他に類を見ません※2。

※1:一部記事を除きます
※2:2014年11月19日現在、当社調べ


■“なるほど!”“フムフム”なコラム例

◇まだ、都会で貧乏やってるの?
人気のある業界は黙っていても若者たちや優秀な人たちが集まるが吉角氏が選んだ業界ではそういったことは無いという。
人気のない業界はマーケットが小さい。よって、資本力のある大企業が参入してくる可能性も低くなり、強力なライバルがいないところでビジネスが出来るというメリットがあるというのだ。
「田舎で独立起業するなら流行のビジネスや人気の業界ではなく、できるだけニッチでダサいものを選ぶようにしましょう。派手な業界より、地味な業界のほうが、じつは儲かるのです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング