リノベーション事業の全国展開を4月より開始~今後の中古住宅流通の活性化を見据えた新戦略~

PR TIMES / 2013年3月21日 11時33分

リノベる株式会社と事業提携

リノベる株式会社と事業提携
リノベーション事業の全国展開を4月より開始
~今後の中古住宅流通の活性化を見据えた新戦略~


ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:港区白金台 代表:濱村聖一 以下、ハイアス)は、リノベる株式会社(本社:東京都渋谷区 代表:山下智弘 URL:http://www.renoveru.jp/ 以下、リノベる)と事業提携を行い、リノベーション事業の全国展開を2013年4月より開始いたします。

今回の事業提携により、ハイアスでは加盟代理店を2013年4月より全国の不動産会社を対象に募集開始し、年間25社の加盟獲得を目指します。

「リノベる」が提供するリノベーション事業は、中古流通住宅において、正しい建物選び、正しいリノベーション工事を顧客目線に立った情報提供を行う事で「経営革新法」の承認を受けております。
加えて、資金面においても、物件購入費用とリフォーム費用を一本化してローンが組めるオリジナルローンを提供しています。リノベーションを前提とした物件購入は、ある程度のまとまった資金が必要ですが、住宅購入費用のローンは組めたとしても、リフォーム費用に関してはローンが組めないことも多く、購入を断念する方も少なくありません。
しかし、「リノベる」では、複数の金融機関と提携し、リフォーム部分の担保価値を証明することで、住宅ローンと同等の返済条件が適用される独自のリフォームローンの商品化を実現しています。

2010年に政府が発表した新成長戦略において、住宅業界も「フロー(使い捨て)」から「ストック(長持ち)」へ政策が大きく転換し、2020年までの10年間で中古住宅流通市場を4兆円から8兆円に、リフォーム市場を6兆円から12兆円にそれぞれ倍増するという目標が掲げられています。住宅業界においては、この新成長戦略の実現の為に、消費者に安心して、適切なストック型の資産形成を行える市場環境の整備を図ることが求められております。
こういった状況の中、ハイアスは中古住宅流通の活性化を見据え、効率良く、既築物件のリフォームやリノベーションを行え、且つ、住宅購入費用とリフォーム費用を一本化したオリジナルローンを提供する「リノベる」と事業提携するに至りました。

<「リノベる」の特徴>
・「セミオーダー制」と「ショールーム」で確認して自分好みにデザインできる
・セレクトショップのように、あらかじめ設計デザイナーたちが人気の高い素材・パーツを厳選し、分かり易く、効率的に選んでいただける          
・定額制なので価格がわかりやすい
・複数の金融機関と提携しているリノベーション費用と物件購入費用を一本化したオリジナルローンを提供
・築古物件なので資産価値が下がり難い

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社では、今後もお客様の抱える問題を解決するソリューションビジネスを引き続き展開して参ります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング