JATA東北支援プロジェクト「行こうよ!東北」商品企画コンテスト受賞ツアー 『高畠・楢下宿と50年に1度のご開帳「山寺」を専門家と巡る旅3日間』 を発売

PR TIMES / 2013年3月27日 14時39分

株式会社ジャルパック(本社:東京都品川区、代表取締役社長:二宮秀生)は、一般社団法人日本旅行業協会(略称 JATA)が推進する東北復興支援プロジェクト「行こうよ!東北」の商品企画コンテスト国内旅行推進委員長賞に選ばれた『高畠・楢下宿と50年に1度の御開帳「山寺」を専門家と巡る旅』を発売いたしました。



【ツアー概要】

◆出発地:東京・大阪
◆出発日:2013年5月23日
◆旅行代金:69,800円~89,800円(1部屋2名利用の場合)
◆最少催行人員:20名


JAL旬感旅行
『高畠・楢下宿と50年に1度の御開帳「山寺」を専門家と巡る旅』は、
下記URLより詳しい情報をご覧いただけます。
URL: http://www.jal.co.jp/domtour/jmb/shunkan/yamadera/


【ツアーのポイント】
当ツアーでは、「山寺の見学」と「山形らしさ」に触れる旅をコンセプトに旅程が組まれています。
それぞれ、専門家によるガイドを行うので、より深く東北の魅力に触れていただけます。


「50年に1度のご開帳見学」 専門家の解説による山寺・立石寺見学など
2013年は宝珠山立石寺を開祖した円仁慈覚大師の1150年ご遠忌の節目に重なる年。
立石寺では50年に1度の御開帳が行われています。当ツアーでは、通常の観光に加え、山寺の研究家・荒木志伸講師が解説しながらご案内をいたします。


また、良縁に恵まれるという鈴立山若松寺も訪問します。運よくご住職と出会え、握手できれば“良縁に出会える”と言われています。


「山形らしさ」「山形の魅力」を感じる。名物ガイドによる宿場町ご案内など
羽州街道の宿場町・楢下宿を味のある名物ガイドと共に散策や、2日目赤湯温泉ご宿泊の場合、300年を超える歴史を持つ古民家宿にご宿泊いただくなど、古き良き日本の原風景に触れていただきます。大阪発の方は山形市内で旧県庁舎の建物なども観光いたします。新旧様々な観光スポットを訪問し、山形の魅力を感じていただきます。


消費量NO.1のこんにゃくを活かした「こんにゃく懐石」、2日目赤湯温泉ご宿泊の場合、山形牛・豚しゃぶしゃぶの食べ比べ、米どころならではのつきたてのお餅など、山形らしい食材をお楽しみいただきます。


JAL旬感旅行
『高畠・楢下宿と50年に1度の御開帳「山寺」を専門家と巡る旅』は、
下記URLより詳しい情報をご覧いただけます。
URL: http://www.jal.co.jp/domtour/jmb/shunkan/yamadera/


国内旅行、海外旅行のジャルパックは、これまで以上に「お客さま視点」を第一に考え、“旅のプロ”としてお客さま・旅行会社のみなさまから常に指名されるホールセール旅行会社を目指してまいります。


以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング