若年層の就業支援プロジェクト「Adecco Way to Work(TM)」、世界60の国と地域で一斉に開催、日本は昨年の4倍の規模

PR TIMES / 2014年4月30日 11時37分



世界最大※1の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:奥村真介、以下「アデコ」)は、就業やキャリア向上の機会に恵まれない若年層の就業を支援するプロジェクト「Adecco Way to Work(TM)」を実施します。本プロジェクトは4月30日から約8カ月間にわたり、世界60の国と地域で一斉に実施するプロジェクトで、今年で2年目の開催となります。日本においては昨年と比較し、実施エリア・参加人数共、約4倍の規模で開催します。
世界規模のAdecco Way to Work(TM)実施の背景

2008年の世界的金融危機以降、世界中で失業率が悪化し、中でも若年層の失業率はヨーロッパにとどまらず、アメリカ、オセアニア地域でも高い状態です。日本では若年層の就職率は上昇傾向にあるものの、新卒一括採用を通じて希望する就職が実現しなかった場合、その後のキャリア構築に影響が生じる傾向があります。また、就職後でも日本においては自らキャリアを切り開く機会が比較的乏しく、キャリア向上の機会に恵まれない若者も少なくありません。こうした背景のもと将来への希望を失っている若年層が、働くことによる楽しさや喜び、生きがいを持てるように支援することは、人財サービスのグローバルリーダーであるアデコグループの使命であると捉え、本年も昨年に引き続き、拠点を有する世界60の国と地域でAdecco Way to Work(TM)プロジェクトを実施します。
就職の際、就業経験を持たないことが不利な条件になることは世界共通です。そのためアデコグループでは世界中の若年層に対し、就業に向けたサポートをすることで、エンプロイアビリティ(雇われる能力)を身につけ、社会人としての一歩を踏み出す支援を行います。現在の世界の労働市場では、グローバル化の動きにともない、国内のみならず海外で就業する機会も増加傾向にあります。そのような中、求職者に対して様々な仕事に就くための柔軟性を養ってもらうという目的も含まれています。

Adecco Way to Work(TM) プログラムの概要

2014年度は、日本を含む世界60の国と地域で若年層を対象に、キャリア構築を成功に導くためのアドバイスを行うイベント「Street Day」、若年層向けインターンシップ形式による就業体験プロジェクト
「THE ADECCO EXPERIENCE(アデコ・エクスペリエンス)」、およびアデコグループのCEOと共にCEOとしての業務を体験する「CEO for the Month」の3つを軸とした施策を実施いたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング