アルテラ、OpenCL向けSDK最新版バージョン14.0を発表 ~迅速なプロトタイピングを実現~

PR TIMES / 2014年7月1日 10時54分

●アルテラとボード・パートナー企業、高性能コンピューティング、ネットワーキング、およびSoCアプリケーション開発を加速するソリューションを提供

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO兼会長:ジョン・デイナ、日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:ハンス・チュアン、NASDAQ:ALTR 以下、アルテラ)は、米国時間6月30日 (日本時間:7月1日)、プログラマーがFPGAアルゴリズムの高速化を容易にする「OpenCL向けSDK」の最新版バージョン14.0を発表しました。

OpenCL向けSDKバージョン14.0には、ユーザーが直ちにFPGAデザインのプロトタイピングが行える、プログラマーが使い慣れた迅速なプロトタイピング・デザイン・フローが含まれています。アルテラはボード・パートナー企業と共に、アルテラのOpenCLソリューションによってサポートされているリファレンス・デザイン、リファレンス・プラットフォーム、およびFPGA開発ボードを提供することで、FPGAベースのアプリケーションの開発を迅速化させます。また、これらのリファレンス・プラットフォームは、特定のアプリケーション要件を満たすために、カスタムFPGAアクセラレータの開発を効率化します。

アルテラは、OpenCL準拠ソフトウェア開発キット(SDK)を市場に提供している唯一の企業です。当ソリューションにより、設計者はCベースOpenCL言語でアルゴリズム開発を行い、FPGAの性能および電力効率をすぐに活用できます。アルテラのOpenCL向けSDKバージョン14.0に含まれている迅速なプロトタイピング・デザイン・フローにより、短時間でハードウェア実装を行うためのOpenCLカーネル・コードのエミュレート、デバッグ、最適化、プロファイリング、およびリコンパイルが可能となります。リコンパイルされたカーネルは、FPGA上で直ちにテスト、稼働させることが可能で、それによりプログラマーの開発時間が何週間も短縮されます。

アルテラとボード・パートナー企業は、FPGAアクセラレータを使って、一層容易にアプリケーションを迅速に立ち上げられるよう、広範なアルテラ開発のリファレンス・プラットフォーム、リファレンス・デザイン、およびFPGAアクセラレータ・ボードを提供しています。アルテラは、金融アプリケーション向けORPA FAST Parser、ビッグデータ・アプリケーション向けJPEGデコーダ、およびビデオ・アプリケーション用ビデオ・ダウンスケーリングなど、OpenCLの記述方法を示したさまざまなデザイン例を提供しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング