日本初公演!「ヴィクトリアサーカスin那須ハイランドパーク」

PR TIMES / 2019年3月8日 12時40分

アメリカを拠点とするメンバー全員が親族のサーカス団!

藤和那須リゾート株式会社が運営する「那須ハイランドパーク」(那須郡那須町高久乙3375、代表:雪本智史)は、40周年を迎える2019年シーズンに、より特別な体験をお客さまへ提供したいと思い、約20年ぶりにサーカスのイベントを開催することを決定しました。ヴィクトリアサーカスは、メンバー全員が親族であり、52歳のお父さんから4歳の娘まで計7人で構成する、アメリカを拠点とする本場サーカスです。



[画像1: https://prtimes.jp/i/5736/109/resize/d5736-109-442727-0.jpg ]


ヴィクトリアサーカスは、団長であるウォルターの祖父がコロンビアで始めて以来3代にわたり続いているサーカス団です。
これまで、アメリカ・カナダ・メキシコを中心に公演し、各国で成功を収めてきました。今回の演目は、空中に張られたワイヤーの上で繰り広げられる「ハイワイヤーショー」、球体の中でバイクを走らせる「グローブ・オブ・デス」、ダイナミックに飛びまわる「トランポリンショー」、さらに5歳の小さな女の子がかわいく舞う「フラフープショー」です。
那須ハイランドパークで、初めてサーカスのイベントが開催されたのは30年前の1989年。その後、2000年に実施して以来、約20年ぶりのサーカスイベントとなります。節目節目で開催してきた背景もあり、40周年の記念イヤーにサーカスのイベントを開催することにいたしました。

【ヴィクトリアサーカス概要】
開催期間:3/20(水)~4/7(日)
開催時間:1部 11:30~  2部 13:00~  3部 15:00~ 
※3月20日(水)のみ1部の時間を11:45~に変更します。
料金:無料(別途入園料)
開催場所:売店ウーピーズキングダムそばタウンセンター
※雨天や風が強い日は安全を考慮し、トランポリンやジャグリング等の演目に変更になります。

【ヴィクトリアサーカス メンバープロフィール】


[画像2: https://prtimes.jp/i/5736/109/resize/d5736-109-702303-1.jpg ]


ウォルター団長(父):52歳 ハイワイヤーショー担当
ヴィクトリア(妻):43歳 グローブ・オブ・デス担当
マウリシオ:34歳 ハイワイヤーショー担当
アレクサンダー:20歳 グローブ・オブ・デス担当
アントニー:18歳 トランポリンショー担当
エレーナ:5歳 フラフープショー担当
イレーナ:4歳 フィナーレ担当
※娘たちは幼いためコンディション次第で公演に出演しない場合がございます。予めご了承ください。


≪那須ハイランドパーク≫
那須高原の大自然に囲まれた、今年40周年を迎えた北関東最大級の遊園地。今春登場する「DarkBox」及び「VRスカイサイクル」は、どちらも既存アトラクションのリノベーションであり、世界初のアトラクションです。そのほか、ぶら下がり式コースター「F²(エフ・ツー)」をはじめとする絶叫系からお子様向けまで楽しめる計8種類のコースターや、2018年新たに導入したハーネスを装着し小さなお子様でも安全に楽しめるボルダリング施設、デジタルボルダリングとエクストリームランを併設した日本初の複合施設「NOBORUNGMA(ノボランマ)」、モーションシートを使用した日本初のシューティングアトラクション「XDダークライド」などの屋内施設も充実。約40 種類のアトラクションのうち、半数以上が3歳未満のお子様も利用可能のほか、ワンちゃんと一緒に乗車が可能なアトラクションがあるなど、小さなお子様連れのご家族やペット連れの方などにご満足いただけます。遊園地に隣接するエリアには、ペットと泊まれる那須ハイランドパークオフィシャルホテル「那須高原TOWAピュアコテージ in NASU HIGHLAND RESORT」や「那須の森の空中アスレチック『NOZARU』」があり、広大な総合レジャー施設となっております。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング