音声認識を活用した建築工程管理のプラットフォームサービス「AmiVoice スーパーインスペクションプラットフォーム」の新サービス「配筋検査II」を11月1日販売開始

PR TIMES / 2018年11月1日 11時40分

初期費用無料!全数検査対応で配筋検査の品質向上と業務効率化を一挙に解決

株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)は、音声認識を活用した建築工程管理のプラットフォームサービス「AmiVoice スーパーインスペクションプラットフォーム」から新サービス「配筋検査II」を11月1日より販売開始いたします。



【背景】
政府主導での「働き方改革」が進められる中、建設業界では慢性的な人手不足と長時間労働を背景に急速に各社ともICT化を推し進めています。音声認識を活用した建築工程管理のプラットフォームサービス「AmiVoice スーパーインスペククションプラットフォーム」は、2017年の販売開始から1年で100社を超える建設会社にご導入を頂き、高評価を頂いております。この度、ユーザー様からの声を反映させ、対象業務をさらに拡張した「配筋検査II」を11月1日より販売開始いたします。

【配筋検査II、概要】
配筋検査や検査後の事務処理を効率的に行います。図面、作業指示書、マニュアル、色見本、各種帳票、写真など様々なデータをオンラインの高セキュリティ環境で保存・共有ができます。サーバーでデータの管理を行うため、事務所と現場でのスムーズな連携・共有が可能です。
建築現場では品質管理の厳格化が進んでおり、抜き取り検査から全数チェック対応が求められつつあります。事前に検査対象を登録することで、検査漏れなどを防止し検査の品質の平準化を実現します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/20223/109/resize/d20223-109-478576-0.png ]

1.検査シート
声入力により、配筋検査の各種、確認項目の検査を行います。
検査後は、チェックマークが表示されるため、検査漏れを防ぐことができます。


[画像2: https://prtimes.jp/i/20223/109/resize/d20223-109-915845-1.png ]

2.指定箇所検査
事前に図面上の場所を指定して、検査項目を設定することができます。
アイコンの色により検査済・未検査を一目で確認することができるため、検査漏れを防ぐことができます。


[画像3: https://prtimes.jp/i/20223/109/resize/d20223-109-332854-2.png ]

3.自由検査
図面上の場所を指定して、自由に指摘事項の作成がおこなえます。





【価格】

[表: https://prtimes.jp/data/corp/20223/table/109_1.jpg ]


※全て税抜き


【AmiVoice スーパーインスペクションプラットフォーム、概要】
スーパーインスペクションプラットフォームは音声認識を活用したスマート端末用(iPad・iPhone)の建築工程管理のプラットフォームサービスです。配筋検査・配筋写真管理・建築仕上げ検査の3つの検査・管理をワンストップで行うことで、建設現場における作業効率の向上を実現します。
http://amivoice-super.com/sip/

アドバンスト・メディアでは、今後も音声入力を普及・推進し、幅広い業種・業態にて、業務効率化に貢献するソリューションや顧客サービスの提供に力を入れてまいります。

以上


【お問合せ】
株式会社アドバンスト・メディア
ビジネス開発センター
MAIL :bdc-info@advanced-media.co.jp
TEL:東京 03-5958-1522 大阪 06-7167-0991
FAX:東京 03-5958-1032 大阪 06-7167-0992
https://www.advanced-media.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング