ベトナム企業、スマホアプリで配達完了報告をIT化~日報・業務報告アプリ「Check-in」導入~

PR TIMES / 2020年8月26日 12時15分

自治体および企業向けの業務システムを手掛ける西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西井希伊、以下「西菱電機」)は、ベトナムでオフィス・工場向け用品のカタログ販売を手掛けるQuick Quick Co.,Ltd.(本社所在地:ベトナムホーチミン市、代表取締役社長:一柳大輔、以下「Quick Quick」)に、商品の配達状況の管理を目的に、日報・業務報告アプリ「Check-in(チェックイン)」および位置情報サービス「MAP(マップ)」を導入しました。



[画像: https://prtimes.jp/i/34925/109/resize/d34925-109-253978-1.jpg ]

■Quick Quickが報告書アプリ「Check-in」と位置情報サービス「MAP」を採用した背景と目的
Quick Quickは、ベトナムホーチミン市内および近郊の工業団地へオフィス用品のカタログ販売をしています。注文された商品の配達件数は、毎日120~160社にのぼります。サービス導入前は、ドライバーとドライバーに同行する配達担当者の現在地および次の配達先を電話で確認していました。また、配送経路に改善の余地があるのではないかと考えていましたが、検証するために参考になるデータがありませんでした。
サービス導入後は、日報・業務報告書アプリ「Check-in」を利用して、配達担当者に、配達時に受けた返品依頼の報告、配達完了時の報告をさせることで、管理者は、返品依頼情報、一日の配達件数、をシステムから確認できるようになりました。また、位置情報サービスを利用して、配達担当者の現在地および行動履歴を確認することで、配送ルートの検証ができるようになりました。

■日報・業務報告アプリ「Check-in(チェックイン)」
スマートフォンやタブレットのアプリ、パソコンのブラウザから、業務報告や社内申請、承認作業ができるクラウドサービスです。承認者の方がオフィスに不在の際も、外出先から報告や申請された内容の確認、承認作業ができます。申請者の方も、スマホ、タブレット、パソコンから、いつでもどこでも業務報告や申請ができます。紙の申請書をシステムに置き換えたい、外出先からも報告や申請をしたい、データをシステムで一元管理したい、というお客様のニーズにお応えいたします。

■位置情報サービス「MAP(マップ)」
車両や人の位置情報を管理できるサービスです。GPSトラッカーまたは位置情報機能付きのアプリを使って、位置情報をクラウドに保存、ウェブブラウザで車両や人の現在地、移動履歴の閲覧ができます。このサービスを利用することで、例えば、お客様に一番近い従業員を探す、移動履歴から最適な走行ルートを検証する、などの業務効率化や業務改善にご活用いただけます。

■Quick Quick Co.,Ltd.
2007年9月設立。ホーチミン市内および近郊の工業団地へオフィス向け文房具用品・事務機器販売、一般消耗品・副資材販売、工具・設備・作業用品販売などを行う「NhanhNhanh(ニャンニャン)サービス」を展開する企業です。ベトナム進出日系企業やローカル企業における発注業務および支払業務の効率化、価格情報をオープンにすることで購買業務の透明化をいたします。

■西菱電機株式会社
IoTサービス及びコミュニケーションサービスを手がける「IoT事業」、携帯情報通信端末の販売及び修理再生などを手がける「情報通信端末事業」、情報通信機器及びシステムの開発、販売、保守、運用を手がける「情報通信システム事業」を展開する ICT ソリューション企業です。

■西菱電機のIoT事業
「デジタル技術で成長する組織に変革する」を事業コンセプトに、自治体および企業向けに、業務システムの受託開発、自社開発のパッケージ商品の提供、コンサルティングをしております。業務効率化など、お客様が抱えている多様な課題を丁寧にヒアリングさせていただき、コスト、機能、品質の3つのバランス、そしてサービス導入後の運用のしやすさまで考慮して、お客様にとって最適なサービスをご提案いたします。

※ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング