1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

カーリースのナイル、ラダーオートと業務提携

PR TIMES / 2021年10月18日 16時15分

地域密着企業との提携で、より多くの方にサービス提供が可能に

デジタルマーケティング事業、メディアテクノロジー事業、モビリティサービス事業を営むナイル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:高橋 飛翔、以下、ナイル)は、ラダーオート有限会社(本社:埼玉県児玉郡、代表取締役
大理 晃一、以下、ラダーオート)と業務提携契約を締結し、2021年10月よりサービス提供を開始します。




[画像1: https://prtimes.jp/i/55900/109/resize/d55900-109-bdb271503b4d6b9c84bf-0.png ]


【業務提携の背景】
ナイルは、個人向けカーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」(以下、定額カルモくん)を通じて、一人でも多くのお客様に理想の車を取得していただけるよう、様々な取り組みを行っております。特に、今回のように地方の事業者の方と業務提携をすることで車の取得に課題を持つ方との接点を拡大し、より多くの方に定額カルモくんのサービスを提供することが可能になっております。

一方、ラダーオートは埼玉県児玉郡を中心に、新車・中古車・未使用車の販売、オークション代行、愛車の買取り・下取り、車検・整備、板金・塗装、自動車保険など、自動車のことなら何でも安心してお任せいただけるようにサービスを展開して参りました。地域密着店としてお客様との関係を大切に、まごころを込めて業務を行っております。

この度の業務提携により、より一層、多くのお客様の快適なカーライフの実現に貢献して参ります。

【今後の取り組み】
所有から利用へと社会全体の意識も変わりつつある今、また、リースへの理解度が浸透し始めたこの時期に、ラダーオートと定額カルモくんの連携により、多くの方々にカーリースの良さをお伝えしていけると思います。今後もお客様の様々なニーズに応えられるよう邁進して参ります。

【キャンペーン情報】
この度のナイルとラダーオートの提携を記念して「グランドオープンキャンペーン」を実施します。

1、キャンペーン内容
ご来店・アンケート記入特典:ハンドソープもしくは除菌スプレーをプレゼント
ご成約特典:ポータルテレビもしくはドライブレコーダーをプレゼント

2、キャンペーン期間
2021年10月19日から11月30日まで

【担当者コメント】

[画像2: https://prtimes.jp/i/55900/109/resize/d55900-109-6fdaa0c6523ec6f27a55-1.jpg ]

■「おトクにマイカー定額カルモくん」担当 ナイル株式会社 執行役員 大谷 昌史
ラダーオートは車検や整備をはじめ、自動車の総合的なご相談窓口となれる地域密着型の事業者様です。定額カルモくんの商品力や考え方に大変共感をいただいており、大理代表の行動力と提案力で地域のお客様へ新しい価値が提供されることを大変期待しております。独自の工夫や施策でお客様を増やせるようご支援させていただきます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/55900/109/resize/d55900-109-88aedc4ebc8cb813bfbc-2.jpg ]

■「ラダーオート」担当 ラダーオート有限会社 代表取締役 大理 晃一
本業界は昨今の若者の自動車離れや不安定な雇用形態の収入減による購買意欲の減退など、先行きの良い材料は、無いに等しい状況でした。
しかし、このカーリースという新しい形態がビジネスソリューションを満たしたくれるでしょう。最終兵器と言っても過言では無いと考えます。この商材をうまく活用して、かつての隆盛を今一度、味わいたいと思います。

【おトクにマイカー 定額カルモくんとは】
頭金なし・ボーナス払いなし、月11,220円(税込)という安価な月額料金で新車に乗れるサービスです。

取扱車種:国産全メーカー全車種
契約可能期間:1~11年
対象エリア:全国
公式サイト: https://carmo-kun.jp/
カーリースとは: https://car-mo.jp/mag/2018/12/5558/


【会社概要】
会社名:ナイル株式会社
設立日:2007年1月15日
代表者:代表取締役 高橋 飛翔
所在地:東京都品川区東五反田1-24-2 7F
URL: https://nyle.co.jp/

会社名:ラダーオート有限会社
設立日:昭和27年1月4日
代表者:代表取締役 大理 晃一
所在地:埼玉県児玉郡上里町長浜702番地1
URL: http://www.rudderauto.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング