1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

<9/8(水)開講>「スージー鈴木・タブレット純の昭和歌謡うたごえ喫茶 阿久悠を語る!」【NHKカルチャー オンライン講座】

PR TIMES / 2021年8月31日 12時15分

数々の名曲を残した、阿久悠。彼をこよなく愛す二人が、ヒット曲を振り返りながら、魅力を語り尽くす!

今なお歌われ続ける阿久悠作品。ヒット曲を辿りながら、歌謡曲の世界にディープに浸りませんか。



スージー鈴木とタブレット純による「昭和歌謡うたごえ喫茶」。大好評だった、筒美京平編に続く第2弾!
昭和歌謡を代表する大作詞家、阿久悠。生涯に書いた曲は5000曲。代表作には「津軽海峡・冬景色」(石川さゆり)、「UFO」(ピンク・レディー)、「勝手にしやがれ」(沢田研二)、「ジョニィへの伝言」(ペドロ&カプリシャス)など挙げだすときりがない。彼のヒット曲を辿ることは、まさに日本の歌謡音楽史を辿ること。阿久悠作品をこよなく愛す二人が、その凄さと魅力を熱く語る!

参加者の皆様からのリクエストにお応えする弾き語りコーナーも。昭和歌謡をリアルタイムで聴いていた世代の方から、いま改めて昭和歌謡を聴いている若い世代の方まで。一緒に、ディープに歌謡曲の世界に浸りませんか。
教室参加はコロナ対策による人数制限もあり、既にほぼ満席の状況ですが、オンライン講座としてライブ配信されますので、ぜひご参加ください。オンラインで全国どこからでも参加できるこの機会をお見逃しなく!
[画像1: https://prtimes.jp/i/71793/109/resize/d71793-109-f428bc7ce34678f60b9e-0.jpg ]

●スージー鈴木(スージー・すずき)
1966(昭和41)年大阪府東大阪市生まれ。音楽評論家。早稲田大学政治経済学部卒業。昭和歌謡から最新ヒット曲までを「プロ・リスナー」的に評論。著書に『【F】を3本の弦で弾くギター超カンタン奏法』『1979年の歌謡曲』『1984年の歌謡曲』など。
[画像2: https://prtimes.jp/i/71793/109/resize/d71793-109-11cb9f1f2dc86d373df0-1.jpg ]


●タブレット・純(たぶれっと・じゅん)
1974(昭和49)年生まれ。幼少時よりAMラジオを通じて古い歌謡曲に目覚め、思春期は中古レコードを蒐集しながら愛聴、研究に埋没する日々を送る。27才の時、ある日突然ムード歌謡の老舗グループ、和田弘とマヒナスターズに芸名「田渕純」としてボーカルで加入。以後二年間和田弘氏逝去まで同グループにて活動した。グループ解散後都内のライブハウスにてネオ昭和歌謡、サブカル系のイベント出演の他、寄席・お笑いライブにも進出。ムード歌謡漫談という新ジャンルを確立し、異端な存在。

講座名:スージー鈴木・タブレット純の昭和歌謡うたごえ喫茶 阿久悠を語る!
講師 評論家 スージー鈴木&歌手・お笑い芸人 タブレット純
受講形態:オンライン
開催日時:9/8(水)19:00~20:30
受講料金:NHK文化センター会員・一般(入会不要) 3,850円
▼お申込みはこちらから
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1235728.html
主催:NHK文化センターオンライン事業部

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング