Mobile World Congress 2012出展:「アラプリ3.0」発表~ARでのコミュニケーションを可能にするARMakerのバージョンアップ~

PR TIMES / 2012年2月28日 9時19分



Mobile World Congress 2012出展:「アラプリ3.0」発表~ARでのコミュニケーションを可能にするARMakerのバージョンアップ~
この度、アララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井陽介)はスペインのバルセロナで2月27日より開催されるイベント「Mobile World Congress 2012」に出展致します。
イベントではバージョンアップ致しました「ARAPPLI 3.0」を発表。今回のバージョンアップではARによるコミュニケーションを強化しており、ユーザー自身が作成したARをアプリ内で交換することが可能になっております。

「世界一」のARプラットフォーム提供に向けた海外進出
ARAPPLIは「世界一のARプラットフォームを提供するアプリ」を目指し、今年から本格的に海外進出を開始しています。その第一歩として先日2012年2月3日、4日に開催されたシンガポール政府が開催するお祭り「Chingay Parade 2012(チンゲイパレード)」で、海外進出の第一歩を踏み出し、15万人が来場する大規模な会場でARのプロモーションを行いました。
今回の「Mobile World Congress 2012」への出展は海外進出への第二弾としての取り組みとなります。まずは世界に向けてARAPPLIの存在を知ってもらうためにブースの出展を行いARの可能性、ARAPPLIの面白さを海外に向けて発信していきたいと考えています。

AR史上初!ARでメッセージのやりとりができる!
今回「Mobile World Congress 2012」にてユーザーがARを作成できる「AR Maker」のコミュニケーション機能をアップさせた「ARAPPLI 3.0」を発表いたします。
現在提供している「ARAPPLI 2.5」に搭載されている「AR Maker」にはユーザーが簡単にARを作成できる機能が備わっています。既存の3DCGフォトフレームにユーザー自身が撮影した動画を組み込むことでオリジナルARを作成することが出来ます。

今回発表となる「ARAPPLI 3.0」ではこの「AR Maker」機能のコミュニケーションという点に焦点を絞り開発を進めました。ユーザーは自分で作成したARをARAPPLI上で簡単にFacebookやTwitter上の友達に送ることが出来ます。
ARAPPLIは「ARでコミュニケーションをする」という今までにない全く新しいコミュニケーションスタイルを提案致します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング