【インターコンチネンタルホテル大阪】インターコンチネンタルホテル大阪、2013年夏に開業予定

PR TIMES / 2012年8月1日 13時10分



======================================================================
インターコンチネンタルホテル大阪、2013年夏に開業予定
・インターコンチネンタルホテル大阪 開業準備室を、8月22日(水)から大阪に開設
・日本と海外の著名デザイナーを起用、日本の自然を現代的なインテリアデザインで表現
======================================================================

 インターコンチネンタル、ANAクラウンプラザホテル、ホリデイ・インなど
国内に29のホテルを展開するIHG・ANA・ホテルズグループジャパン
(東京都港区赤坂1-12-20、最高経営責任者:クラレンス・タン、以下、
IHGANA)は、本日、現在建設中のうめきた(大阪駅北地区)先行開発区域
プロジェクトである「グランフロント大阪」に、インターコンチネンタル
ホテル大阪を2013年夏に開業すると発表しました。

 インターコンチネンタルホテル大阪は、グランフロント大阪のBブロック
北棟の合計17フロア(1~4、20~32階)に、合計215室のホテルと合計57室の
サービスレジデンスのほか、4つの料飲施設、4つの宴会場・会議施設、婚礼
チャペル、スパ、フィットネスなどを備える、ビジネスおよびレジャー向けの
ラグジュアリーホテルの新しい選択です。同ホテルは、ロケーションや
街づくりのコンセプトにおいてもその新たな集客力に注目が集まる
グランフロント大阪と、1日の平均乗降客数がのべ約179万人を誇る西日本最大
のターミナル、大阪・梅田、両駅の新たな人の流れの中心に位置しています。

 同ホテルの総支配人には、中東地域でも有数のインターコンチネンタルで
経験豊富なハフィッド アル ブサイディが8月1日(水)付けで着任。8月22日
(水)から大阪にインターコンチネンタルホテル大阪 開業準備室を開設し、
運営準備、従業員の新規雇用、インテリアデザインの最終調整、トレーニング
などのほか、同ホテルの営業活動を始めます。

 同ホテルのインテリアは、香港を中心に海外4拠点で数多くのホテルの
インテリアデザインを手がけるビルキー・リナス・デザイン(Bilkey Llinas
Design Ltd.、本社所在地:香港)と日本を拠点に様々な商業施設などを
手がける橋本夕紀夫デザインスタジオ(本社所在地:東京都渋谷区)を起用、
国内外から取り寄せた素材を用いて、日本の自然を現代的でラグジュアリーな
デザインで表現します。また、明るく開放感のある空間、外の景色との調和にも
重点を置いています。水や緑をふんだんに取り入れ、ゆとりと安らぎをもたらす
ことをコンセプトとした街づくりをすすめるグランフロント大阪に合わせた
環境を提供します。館内の絵画や彫刻などの装飾には、大阪はじめ国内の若手
アーティストの作品を積極的に取り入れる予定です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング