アルテラ、「Embedded Technology West 2014 (ETWest 2014)」 に出展

PR TIMES / 2014年7月17日 10時21分

「Altera Everywhere」をテーマに、FPGA & SoC、電源を基礎から解説、最新製品「MAX 10 FPGA」スタンプラリーも実施

アルテラ・コーポレーション (本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO兼会長:ジョン・デイナ NASDAQ:ALTR) の日本法人、日本アルテラ株式会社 (東京都新宿区 代表取締役社長:ハンス・チュアン 以下、アルテラ) は、2014 年 7 月 29 日(火)~30 日(水)グランフロント大阪にて開催される 「Embedded Technology West 2014 (ETWest 2014)」 に出展いたします。

アルテラ・ブース(D-01)では、組込み機器向け「SoC FPGA」デモ展示、FPGAを基礎からわかりやすく解説する「FPGA相談室」コーナー、省電力・小型化に寄与する電源ソリューション「Enpirion」デモ展示、55nm エンベデッド・フラッシュ・プロセス採用「MAX(R) 10 FPGA」について、ご紹介いたします。

「SoC FPGA」デモ展示では、ARM(R) Cortex(R)-A9 を搭載するアルテラCyclone(R) V SoCによる、車載機器向けステレオ・カメラのデモ、ならびにプロセッサ+FPGAアクセラレータ実装事例などをご覧いただけます。

「FPGA相談室」では、はじめてFPGAという言葉を耳にする方から、「FPGAという言葉は聞いたことがあるが、詳しくは知らない」「かつて使ったことはあるが、最近の情報は知らない」という方まで、「FPGAとは何か」「どのように設計するのか」「マイコンとの違いは何か?」といった基本的な情報から、プレゼンテーションとデモを交えながら丁寧に解説いたします。

FPGAと動作検証済みの高効率電源モジュール「Enpirion」は、インダクタを組み込んだ業界初のパワー・システムオンチップDC-DCコンバータです。様々なパラメータを任意に設定できるデジタル電源の特長を、デモ展示によってご確認いただけます。また「Enpirion」のデバイス面積の小ささも、ご覧いただけます。

また初の試みとして、「MAX 10 FPGA」にソリューションを提供予定のパートナー企業とともに、スタンプラリーを実施いたします。

出展社セミナーは、7 月 29 日(火) 16:00-16:45に、「Altera Everywhere: FPGA、電源、高位合成」と題した講演を行います。FPGA、電源、高位合成について、基礎から最新情報まで分かりやすく解説いたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング