My Wine CLUBがレバノンワイン「IXSIR」の取扱い開始『カルロス・ゴーン氏×イクシール×ベルーナ』

PR TIMES / 2018年5月1日 17時1分

~記念パーティー2018年4月16日(月)開催~



 株式会社ベルーナ(本社:埼玉県上尾市/代表:安野 清)が展開するワイン専門通販「My Wine CLUB/マイワインクラブ」( http://mywineclub.com/)は、レバノンワイン「IXSIR」を2月28日より販売開始。これを記念して「IXSIR」代表ディバネ氏および出資者のカルロス・ゴーン氏と、2018年4月16日にパーティーを開催しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/16236/110/resize/d16236-110-616187-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/16236/110/resize/d16236-110-484725-1.jpg ]


 現在約2,700種類のワインを扱っている「My Wine CLUB」では、この度新しくレバノンワイン「IXSIR」の取扱いを開始しました。そこで、より多くの日本の方に「IXSIR」の魅力をお伝えするため、ワイナリー代表ディバネ氏と出資者であるカルロス・ゴーン氏と共に記念パーティーを開催しました。
 当日は卸先であるレストランや百貨店の方々が多数ご参加。ディバネ氏からワインについて直接ご説明をいただき、その想いとともに味を体験することで、よりリアルに魅力を感じていただきました。

 今後も「My Wine CLUB」は“お客様の衣食住遊を豊かにする商品やサービスを提供する”という経営理念の下に様々な取組みを行い、こだわりの美味しいワインを今後も提供し続けていきます。

≪レバノンワインの特長≫
1.ヨーロッパ以前からの伝統あるワイン造り
2.ブドウ栽培とワイン造りに適した扇状地
3.フランスワインの影響を色濃く受けた伝承技術
≪「IXSIR」の特長≫
ボルドー1級シャトー・アンジェリュスのワインメーカーとして名高い、ユベール・ド・ブアール氏が醸造コンサルタントを務め、土壌・ぶどうの特徴を最大限に引き出しています。

パーティー開催報告
<パーティーの様子>
 6種類のレバノンワイン「IXSIR」をフレンチのコースとともにお客様にご紹介。総勢50名の方に味わっていただき、ワインについて意見交換を行いました。各テーブルにディバネ氏が訪れ、直接1人1人に説明を行い、感想を求める姿が印象的でした。

<ゴーン氏 投資の理由>

[画像3: https://prtimes.jp/i/16236/110/resize/d16236-110-921329-2.jpg ]

 レバノン系の両親を持ち、レバノン・フランス・ブラジルの多国籍を有するゴーン氏。気候・湿度・太陽光などの条件が良いレバノンの土地が、「質の高いワイン」を生産することを確信されています。さらにワイン製造が伸びれば国の雇用も増え、国への投資にもなると見込んでいるそうです。
 また、合理的に考える日々の業務とは異なるものに目を向けることで、新たな発見や感じることがあり、各々に良い影響を与えているとのこと。この活動を通して、どちらも更なる発展を目指していくそうです。

<ディバネ氏 ワインへの想い>

[画像4: https://prtimes.jp/i/16236/110/resize/d16236-110-154175-3.jpg ]

 「IXSIR」は今年で創立10周年。古いレバノンの遺産や伝統を守るため、環境の尊重や美しい自然を守ることも意識しながら活動されています。その豊かな自然の環境を活かした14種のブドウをブレンドしたレバノンワインIXSIR。繊細な味わいを多くの人に楽しんでいただきたいと語ってくれました。


[画像5: https://prtimes.jp/i/16236/110/resize/d16236-110-849702-5.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/16236/110/resize/d16236-110-366479-4.jpg ]


【「My Wine CLUB マイワインクラブ」のご紹介】
・創刊:1999年
・取扱商品数:約2,700(コース・単品含む)
・カタログ発行:年4回(季刊)
・Webサイト: http://mywineclub.com/

【「IXSIR」会社概要】
・会社名:IXSIR
・代表:Mr.Etienne Debbane
・ホームページ: http://ixsir.com/
・設立:2008年
・事業内容:ワイン醸造及び輸出事業

【「ベルーナ」会社概要】
・会社名:株式会社ベルーナ
・代表:代表取締役社長 安野 清
・ホームページ: https://www.belluna.co.jp
・設立:1977年6月
・事業内容:総合通販事業・専門通販事業・店舗販売事業・ソリューション事業・ファイナンス事業・プロパティ事業・その他の事業


参考資料: レバノンワイン「IXSIR」 について
◆レバノンワインの特長
 生産地であるベッカー高原は、多様なレバノンの土地の中でも最高のテロワール(「土地」を意味するフランス語)として知られる高原。平均標高約1000メートルの高地であり、ブルゴーニュ同様の扇状地という恵まれた環境です。
 四方の山から吹く風の影響でブドウの病害虫や腐敗の心配がなく、健康的で高い熟度のブドウが豊かに育まれます。また、強く乾燥した夏の日差しと冷涼な夜の温度差が、程よく引き締まった酸味を与えてくれるのも魅力です。
◆「IXSIR」の由来
 イクシールの由来はアラビア語の「Elixir」。「永遠の若さと愛をもたらす」ことを意味する不老不死の霊薬・万能薬と言われています。遥か昔からのワイン醸造を今の時代において新たに開花させ、ワインへ惜しみない愛を注ぎ続けるその思いが、世界屈指の人材を集め、ワインの品質を高めています。また、イクシールのワイナリーは2011年にはグリーングッドデザイン賞を受賞。CNN(Cable News Network)からは世界で最もグリーン(エコ)な建物だと称され、アメリカのA+アーキタイザーアワードも受賞しています。環境に配慮した栽培・醸造・施設の運営には、強いこだわりと高い評価があります。

≪レバノンワイン「IXSIR」 商品説明≫

[画像7: https://prtimes.jp/i/16236/110/resize/d16236-110-720574-6.jpg ]

商品名 : エル・イクシール・レッド’12


ぶどう品種 : カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー
価格/容量 : 5,980円(税抜) /750ml
深い赤紫の色調。赤い果実やブラックベリーの香りとともに、ミントの香りも。口当たりはとてもよく、石灰岩土壌からくるミネラル感や、長い余韻も楽しめる
[画像8: https://prtimes.jp/i/16236/110/resize/d16236-110-155656-7.jpg ]

商品名 : エル・イクシール・ホワイト’16
ぶどう品種 : ヴィオニエ、ソーヴィニオン・ブラン、シャルドネ
価格/容量 : 5,980円(税抜) /750ml
澄んだ黄金色が美しく、エレガントで繊細なお花の香りが漂う。新鮮な果実味とともに、スパイシーなニュアンスも。品質の高いヴィオニエのピュアな口当たりに、シャルドネの柔らかさが絶妙にマッチ
[画像9: https://prtimes.jp/i/16236/110/resize/d16236-110-759116-11.jpg ]

商品名 :イクシール・グラン・レセルバ・レッド’12
ぶどう品種 : シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン
価格/容量 : 3,580円(税抜) /750ml
ミネラル感が豊かで、熟した果実やスパイシーなニュアンスのバランスが絶妙。凝縮した味わいを、力強さとともに長い余韻として楽しめる
[画像10: https://prtimes.jp/i/16236/110/resize/d16236-110-473270-10.jpg ]

商品名 : イクシール・グラン・レセルバ・ホワイト’15
ぶどう品種 : ヴィオニエ、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ
価格/容量 : 3,580円(税抜) /750ml
澄んだ黄金色がきらきらと輝き、白いお花や桃、シトラスなどの柑橘系の香りが印象的。快活な口当たりと、丸みを帯びた柔らかさのバランスが素晴らしく、ウッディな口当たりもワインの品質を高める
[画像11: https://prtimes.jp/i/16236/110/resize/d16236-110-711385-8.jpg ]

商品名 : アルティテュード・イクシール・レッド’12
ぶどう品種 : カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、カラドック、テンプラニーリョ
価格/容量 : 2,500円(税抜) /750ml
熟した果実味とともに、繊細で複雑な樽香が絶妙なバランスでまとまっている。ブラックベリーやカシスの香り、口に含んだ後のシルキーなテイストがワイン全体をエレガントで味わい深い仕上がりに
[画像12: https://prtimes.jp/i/16236/110/resize/d16236-110-259275-9.jpg ]

商品名 : アルティテュード・イクシール・ホワイト’16
ぶどう品種 : オベイデ、ミュスカ、ヴィオニエ
価格/容量 : 2,500円(税抜) /750ml
フローラルなアロマと、マスカットやグレープフルーツの香りが豊かで、そこにスパイシーなニュアンスが加わることでシャープな口当たりを楽しめます。その後、全体的に柔らかい印象へと続きますが、ちょうど良い酸味が心地よく感じます

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング