1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

エミレーツ航空、エアリンクとコードシェア契約を通じてアフリカ路線強化

PR TIMES / 2021年8月24日 11時15分

協力関係強化により、南アフリカからスムーズな乗り継ぎと快適な旅行を提供



[画像: https://prtimes.jp/i/52636/110/resize/d52636-110-e549e390ba1e7d6f35a7-1.jpg ]


エミレーツ航空とエアリンク*は、両航空会社間で結ばれているパートナーシップを拡大し、コードシェア契約に合意しました。これにより、南アフリカ発着便の利用者は、アフリカ南部の12か国40以上の地域へのアクセスがより便利になりました。


コードシェアの拡大に伴い、エミレーツ航空はアフリカの他の航空会社には無い利便性の高い乗り継ぎを実現します。また、エミレーツ航空が南アフリカ航空と長年結んできたパートナーシップがさらに強まります。


今回のパートナーシップの拡大は、エミレーツ航空が南アフリカへの運航を再開したことにより実現しました。アフリカ南部への玄関口であるヨハネスブルグ、ケープタウン、ダーバンの各都市を経由する乗り継ぎ便の利便性がさらに向上します。両社はコードシェアにより、競争力のある運賃をはじめ、同一旅程での発券や乗り継ぎ時のスムーズな手荷物輸送などの利点を提供します。


南アフリカへご旅行のお客様は、ヨハネスブルグ、ケープタウン、ダーバンを経由して、次の都市への乗り継ぎが可能になりました。


国内拠点の都市:ブルームフォンテーン、ジョージ、アピントン、ネルスプロイト、ホエドスプルート、キンバリー、スククーザ、ピーターマリッツバーグ、リチャーズベイ、シーシェン、ウムタタ、ポート・エリザベスなど
アフリカ南部の都市:ハボローネ、カサネ、ビランクロス、ルブンバシ、ダルエスサラーム、エンテベ、マセル、アンタナナリボ、ペンバ、テテ、マウン、ヴィクトリアフォールズ、ウォルビスベイ、マプト、ウィンドフック、ハラレ、ルサカ、ンドラ、ブラワヨ、リビングストンなど



エミレーツ航空の営業部門統括責任者であるアドナン・カジムは、次のように述べています。「エミレーツ航空とエアリンクのパートナーシップの拡大は、我々の関係性を前進させる重要な機会となりました。新たなコードシェア契約は、南アフリカおよびアフリカ南部の玄関口からその先へご旅行されるお客様に高いサービスと柔軟性だけではなく、レジャー目的の旅行にも比類のない選択肢を提供することが可能になります。我々は南アフリカにおける事業拡大に尽力しており、エアリンクと共に利便性の高い乗り継ぎをを提供することで、現地の旅行と観光産業の回復に貢献したいと考えています。また、エアリンクとのコードシェア提携は、エミレーツ航空が南アフリカ航空と結んでいる貴重な関係を支えるものです。我々は南アフリカ航空の運航再開後、この関係を再構築することを心待ちにしています。」


エアリンクの最高経営責任者兼マネージング・ディレクターのロジャー・フォスターは、次のように述べています。「このエキサイティングな進展は、エアリンクにとって圧倒的な後押しとなりました。エミレーツ航空が、アフリカ南部の地域パートナーとしてエアリンクを選んでいただいたことを非常に光栄に思います。エミレーツ航空は当社のすべての主要都市に運航しており、共にアフリカ南部のネットワークへの重要な接続性を提供することが可能になります。必要不可欠な相互接続性を実現することで、アフリカと世界、そして世界とアフリカを結びつけることになります。パンデミックに伴う国境閉鎖や渡航禁止令により、観光と航空業界は非常に大きな打撃を受けましたが、世界中でワクチン接種が進むににつれ、旅行需要が回復し、より多くのお客様がエアリンクの就航都市を訪れることを期待しています。」


予約方法および詳細な利用規約に関する情報は、旅行代理店へお問い合わせいただくか、エミレーツ航空のホームページをご確認ください。
https://www.emirates.com/jp/japanese


エミレーツ航空は、南アフリカへの運航を強化しています。安全にグローバルネットワークを再構築しながら、各市場需要に合わせてドバイ発着便および経由便をお客様に提供しており、現在120都市以上に就航しています。また、エアリンクのような提携航空会社と協力関係を構築することで、南アフリカおよびアフリカ南部での存在感を高め、利便性の高い接続性を提供し、お客様の旅行体験の向上を実現しています。


*エアリンク(Airlink)は、南アフリカのヨハネスブルグに本拠地を置く航空会社です。


エミレーツについて
エミレーツ航空は2002年に日本への就航を開始しました。成田国際空港や関西国際空港からドバイをはじめとする世界各地へ、最も快適な空の旅を提供しています。エミレーツ航空はその商品やサービスが評価され、世界のアワードの数々を受賞しており、今年のワールド・トラベル・アワードでは「リーディング・エコノミークラス」「エアライン・リワード・プログラム」「ビジネスクラス空港ラウンジ」の3部門で受賞しています。


お問い合わせ先
エミレーツグループ 広報
Redhill株式会社
Email: ekjapan@redhill.asia

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング