1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

たった1つミッションを決めるだけ「発達凸凹年長さんがぐんっと成長する就学時健診クエスト攻略BOOK」小冊子無料配布開始

PR TIMES / 2021年10月11日 11時45分

株式会社パステルコミュニケーション(本社:東京都豊嶋区、代表取締役吉野加容子)代表の吉野加容子が開発した、親子のコミュニケーションをスムーズにして子どもの発達を加速させる「発達科学コミュニケーション」講師・森中博子による、たった1つミッションを決めるだけ「発達凸凹年長さんがぐんっと成長する就学時健診クエスト攻略BOOK」無料配布開始しました。
ダウンロードはこちら  https://www.agentmail.jp/lp/r/3224/23239/




[画像1: https://prtimes.jp/i/54387/110/resize/d54387-110-e3e59a621b136b827dd0-0.jpg ]



はじめまして 発達科学コミュニケーショントレーナー森中博子です。発達凸凹キッズとそのママの小さな成功体験にフォーカスし、ストーリーの力で親子の自信を復活させる専門家として活動しています。


この度は、毎年10~11月に行われる「就学時健診」に対して不安を抱えている発達凸凹年長さんのママが、就学時健診をきっかけにお子さんをぐんっと成長させる3STEPの対応を、ワーク形式で楽しみながら実践できる小冊子をリリースいたしました。


小学校入学へのはじめの一歩である就学時健診ですが、じっとしていられない・気分がそれてしまいがち・初めての環境への緊張と不安が強い、といった特性を持つ発達凸凹キッズは、就学時健診を乗り切ることが難しくなります。


さらに、就学時健診の結果は入学後の支援体制にも影響します。例えば親が通常級への進学を希望していても、特別支援学級を勧められることもあります。


迷って考えて一生懸命決めたはずの進路を、わが子のことを何も知らない学校にジャッジされることに違和感と不安を感じてしまうママもいます。


就学時健診が失敗体験になってしまうと、不安と焦りから、子どもにガミガミダメ出ししてしまうママもいますが、そのことがかえって、子どもの不安や問題行動を助長し、親子関係の悪化につながる場合もあります。そうなると、就学後の学校生活にも悪影響を与えてしまいます。


そこで、本書で提案しているのは、「就学時健診をわが子の成長のきっかけにする」という逆転の発想です。まずは親子で楽しく就学時健診を攻略する、というコンセプトのワークを使って、就学時健診を成功体験で終わらせます。


さらに、その小さな成功体験をストーリーにして、ママの不安な気持ちが「できた」に変わったその変化を自信につなげることができます。


ただ不安や辛さをイヤイヤ乗り切るのではなく、全て親子の成長につなげていこう。ママの視点をそのように変えていくことで、これから迎える就学準備や小学校入学を前向きに進めていくことができます。


本書でお伝えする方法を実践し、まずは親子で楽しく就学時健診を乗り切り、来年の春、笑顔で入学の日を迎えるママが増えることを願っています。


【目次】


はじめに
就学時健診が怖いって悩むお母さんへ
就学時健診は成功体験にできる!
就学時健診クエスト実践ワーク
発達凸凹年長さんママのジュエルストーリー
おわりに





【ダウンロード方法】


https://www.agentmail.jp/lp/r/3224/23239/


こちらより、メールアドレス・お名前をご登録してお受け取りください。



[画像2: https://prtimes.jp/i/54387/110/resize/d54387-110-d50daebdc7987f739115-1.jpg ]

【著者プロフィール】

発達科学コミュニケーショントレーナー 森中博子

子どものダメ出しばかりしてしまう「ガミガミママ」がストーリーの力でわが子の成長を信じる達人になる、「ジュエルストーリー・プログラム」をお伝えしています。失敗体験の積み重ねで自信を失った親子が、小さな成功体験を、大きな感動ストーリーにすることで、わが子の未来を信じられるママを増やしたい。発達凸凹キッズのママであり、小児科医でもある経験を生かし、たくさんの親子に笑顔と希望をお届けしています。


こちらにて詳しい情報をお届けしています


\1日1ジュエル/ママが手渡す小さな自信がわが子の行動力をぐーっと伸ばす発達科学コミュニケーション ★メール講座< https://www.agentmail.jp/lp/r/3179/23240/



[画像3: https://prtimes.jp/i/54387/110/resize/d54387-110-8b3bce6b984a21a6e917-3.jpg ]

■発達科学コミュニケーションとは?

発達科学ラボ主催の吉野加容子が、臨床発達心理⼠として15年間行ってきた発達支援の実績と経験、および脳科学・心理学・教育学の知識をベースに独自にまとめた、科学的根拠に基づいた、脳の成長・発達を促すコミュニケーション法です。子どもの特性を理解し、子どもの良さを引き出す日常のコミュニケーション術です。発達科学コミュニケーションをマスターすれば、お子さんと会話するだけで、お子さんの困った行動が減り、意欲や能力が伸びます。



[画像4: https://prtimes.jp/i/54387/110/resize/d54387-110-47c0d0decb77eeb6bc63-2.jpg ]

【会社概要】

社名:株式会社パステルコミュニケーション
代表者:吉野加容子
所在地:〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階
事業内容:子育て講座の運営/発達に関するリサーチ・開発/起業支援事業
URL: https://desc-lab.com/
「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を目指し、関係するすべての人々、関連機関・団体が一体となって取り組む国民運動、「健やか親子21」応援メンバー




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング