祝:世界遺産! 憧れの「富士山」特集 富士登山・三保の松原・忍野八海…世界遺産認定の絶景をご紹介

PR TIMES / 2013年7月16日 12時49分



 旅行のクチコミサイト フォートラベル( http://4travel.jp/ )では、この度「祝:世界遺産! 憧れの『富士山』特集」を開始いたしました。


 6月22日に「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」が世界文化遺産へ登録されました。フォートラベルでは、世界遺産登録を記念して「祝:世界遺産! 憧れの『富士山』特集」を開始しました。富士山の登頂、富士山を美しく望むことのできる景観地、登録除外勧告から一転し登録となった「三保の松原」など、周辺各地の観光スポットを紹介。四季折々の美しい富士山と周辺各地の魅力を、フォートラベル会員の旅行記(旅行写真をブログ形式で投稿できるサービス)とともに伝えます。本特集が、みなさまの旅行の参考となれば幸いです。(お出かけの際は、予め現地の状況をご確認ください。)


■祝:世界遺産! 憧れの『富士山』特集
http://info.4travel.jp/special/20130716_travelogue_fujisan.html
特集内で紹介している旅行記のうち、一部を以下にご紹介します。


◆富士山頂から眺めるご来光(静岡県・山梨県)
 国内のみならず、世界各国の登山者から人気を集めている富士登山。世界遺産に登録されたことにより、今後さらにたくさんの登山者が訪れそうです。富士登山には複数のルートがあり、山頂では火口をぐるりと1周巡る「お鉢巡り」も人気。山頂から眺めるご来光は、多くの登山者の感動を呼んでいます。特集では、富士宮ルートで登頂し、日本最高標高地点の剣ヶ峰を通る、「お鉢巡り」を体験した登山レポートを紹介します。


◆田貫湖で輝く、ダブルダイヤモンド(静岡県富士宮市)
 富士山のほぼ正面に位置する「田貫湖」は、富士山頂から日が昇る"ダイヤモンド富士"の鑑賞スポットとして知られています。見ごろは毎年4月と8月。湖面に鏡写しのように輝く"ダイヤモンド富士"は、"ダブルダイヤモンド"と称され、旅行者から人気を集めています。特集では、貴重な"ダブルダイヤモンド"の瞬間を収めた旅行記を紹介します。


◆世界遺産・三保の松原(静岡県静岡市)
 "日本新三景"や"日本三大松原"にも選ばれている名勝「三保の松原」。約7kmの海岸線に5万本を超える松林が生い茂り、砂浜からは富士山を望むことができる景観地です。世界遺産登録にあたって、当初、距離の問題などで「富士山」の構成資産として認められなかったものの、一転し、登録に至りました。特集では、三保の松原をはじめ、久能山東照宮などの名所を巡り、静岡の旅を楽しんだ旅行記を紹介します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング