ショップチャンネル、2013年6月にタイにてTVショッピング専門チャンネル事業を開始

PR TIMES / 2013年3月5日 13時51分

日本最大、24時間365日生放送のショッピング専門チャンネル「ショップチャンネル」(ジュピターショップチャンネル株式会社、代表取締役社長:篠原淳史、所在地:東京都中央区、以下「ショップチャンネル」)は、住友商事株式会社(取締役社長:中村邦晴、所在地:東京都中央区、以下「住友商事」)、 I.C.C. International Public Company Ltd.(所在地:タイ王国バンコク、以下「ICC」) およびCentral Department Store(所在地:タイ王国バンコク、以下「Central」)とタイでテレビショッピング専門チャンネルの運営会社「ショップ・グローバル・タイランド」 (SHOP Global (Thailand) Co., Ltd.、以下「新会社」)を設立しました。

ショップチャンネルは1996年に日本初のテレビショッピング専門チャンネルとして放送を開始し、2012年3月期の売上高は1,209億円と創業以来15期連続増収を続けています。今後のさらなる成長に向け、昨年から本格的に海外での新規事業展開を目指し、特に安定的な経済成長と所得水準の向上が続いているアジア諸国において、現地パートナーとの交渉や検討を進めて参りました。

今回、パートナーとなったICCは、流通のタイ国内大手サハグループの中核を担う消費財卸企業であり、 Centralは、バンコクに本社をおく東南アジアにおける最大規模のコングロマリット セントラルグループの小売事業の中核を担う百貨店を運営しています。高い購買力を有する中間所得層の拡大と消費活動の多様化が進んでいるタイの消費市場において、両社はともに幅広い知識と経験を有しています。

新会社は、本年6月から、生放送を取り入れたテレビショッピング専門チャンネルの放送を開始する予定です。タイにおいて急激に増加している富裕層をターゲットとし、日本のショップチャンネルでの人気商品を含むユニークで高品質・高付加価値の商品を、顧客満足度の高いサービスとともに提供することで、タイ国内の既存の通販各社との差別化を図り、今後大きな成長が見込まれる同国のテレビショッピング市場において、リーディングカンパニーとなることを目指します。


【新会社の概要】
 会社名 : SHOP Global (Thailand) Co., Ltd. (ショップ・グローバル・タイランド)
 資本金 : 6億タイバーツ
 所在地 : タイ王国 バンコク 
 事業内容: タイにおけるテレビおよびインターネットを中心としたマルチメディア小売事業
 取扱商品: 宝飾品、化粧品、電化製品、服飾雑貨、食品等
 株主構成: ショップチャンネル/住友商事グループ 40%、ICC 30%、Central 30%
 事業開始: 2013年6月から放送開始

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング