ル・マン24時間耐久レースにボッシュが技術を提供

PR TIMES / 2014年7月8日 9時56分

27チームのマシンがボッシュの技術を搭載

- ボッシュの技術がアウディ R18 eトロン クワトロ、シボレー コルベット C7.R、フェラーリ 458 Italia、
ポルシェ 911 RSR、ポルシェ 911 GT3 RSRおよびその他のマシンに搭載
- ル・マンに参戦する2台にほぼ1台のマシンがボッシュの技術を採用
- 2000年以降、ル・マンを制覇し続けているボッシュの燃料噴射テクノロジー




ボッシュの技術は、今年で91年目を迎える第82回ル・マン24時間耐久レースのスターティンググリッドに並ぶ2台中ほぼ1台のマシンに採用されていま す。ボッシュの各種電子コンポーネントや燃料噴射装置ト、さらにセーフティ テクノロジーを搭載しているマシンは、56台中27台にもおよびます。
2000年以来、ボッシュの燃料噴射テクノロジーはチームを優勝に導く存在となっています。2006年以降の8年間では、Audi SportとPeugeot Sportのディーゼル駆動とディーゼル ハイブリッド駆動のマシンのみが総合優勝を果たしており、それ以前の2000年から2005年にかけても、ボッシュのガソリン ポート燃料噴射システムおよびガソリン直噴システムが搭載されたマシンがレースを制しています。

アウディR18 eトロン クワトロ(LMP1):
ボッシュはアウディR18 eトロン クワトロの開発パートナーとして、燃料噴射テクノロジーとハイブリッド パワートレインの主要なコンポーネントを提供しています。「ボッシュとアウディは、ディーゼル エンジンの利点にさらに電気駆動装置のパワーを組み合わせることに成功しました。そして、通常のディーゼル車のドライバーは、この技術がもたらす高トルク と優れた燃費を日常生活でも感じることができます」と述べるのは、ボッシュのディーゼル システム事業部長を務めるDr. Markus Heynです。 なお、ドイツでは2013年の新車登録台数の約半分がディーゼル エンジン搭載車となっており、欧州(EU15)では54%に達しています。

ボッシュはアウディR18 eトロン クワトロに以下の技術を提供しています。
● 高圧ポンプ、インジェクター、高圧レールで構成されるコモンレール噴射システム
● モーター ジェネレーター ユニット(MGU):
R18 eトロン クワトロのためにボッシュとAudi Sportが協力して開発したシステムです。フロント アクスルに取り付けられたこのMGUは、内蔵されたパワー エレクトロニクスを駆使し、ブレーキング時に回収した電気エネルギーをフライホィールに蓄え、加速時に、約170 kW(230 PS)の出力を発揮する電動モーターを使用してフロント アクセルを駆動させます。なお、この電動モーターも2014年のシーズンに合わせて新たに開発されました。
● MS24エンジン コントロール ユニットおよび車両データ取得システム
● スターター、ジェネレーター、ワイヤー ハーネス
● ラック&ピニオン型電子制御式パワー ステアリング:
ボッシュとZF Lenksysteme GmbH(ロバート・ボッシュGmbHとZF Friedrichshafen AGの折半出資会社)が技術パートナーとして、Audi Sportと協力して開発しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング