LUSH岡山一番街店  2014年8月21日(木)リニューアルオープン 持続可能な社会の実現を目指し、環境負荷の少ない100%県内産間伐材を用いたショップへ

PR TIMES / 2014年8月21日 9時16分

フレッシュハンドメイドコスメブランドLUSH(ラッシュ)は2014年8月21日(木)にLUSH岡山一番街店をリニューアルオープンいたします。今回のリニューアルでは、店内に使用する商品ディスプレイ用の什器やPOPスタンドなどツール類など、木製品のすべてを岡山県西粟倉村の森から伐り出した間伐材から製材・加工したものを使用しています。間伐材を使用することで国内の森林保護に貢献するとともに、店舗の近隣で木材を調達することによって輸送にかかるCO2の削減につながると考えています。



ラッシュジャパンでは、これまでにも、リメイクした古材、東日本大震災の被害にあった塩害材や間伐材を店内什器に使用し、森を壊すことなく、国産材や間伐材を使用するなど持続可能なショップの展開を目指して取り組んで参りましたが、100%県産材を取り入れた店づくりは、今回の岡山一番街店が初の試みとなります。

ラッシュジャパンでは、間伐材のみならず、古材や廃材をリユースするなど、可能な限り国産の木材を利用することを通して、今後も持続可能な社会の実現、環境負荷軽減に向けた活動を継続してまいります。


【LUSH 岡山一番街店 概要】

■リニューアルオープン日:2014年8月21日(木)

■住所:岡山県岡山市北区駅元町一番街地下6号

■TEL:086-232-7551

■木製の什器・備品すべてに岡山県西粟倉・ニシアワーのスギ材を使用


【株式会社西粟倉・森の学校(ニシアワー)】

LUSH 岡山一番街店のリニューアルオープンにあたり、使用する木製品(什器・備品)のすべてを株式会社西粟倉・森の学校(ニシアワー)が製材・加工した製品を使用しています。ニシアワーでは、人口約1,500人の山村から「人が、森から始まる生態系の中に溶け込み、森の時間に寄り添う暮らし」を提案しています。村ぐるみで森林の再生に取り組んでいるこの村で、間伐材を用いた内装材や家具の製造・販売や現地の林業の現場を体験できるツアーを行うことで、都市と森をつなぐ役割を担っています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング