1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

TABIPPOが北海道エアポート株式会社と共に、北海道・阿寒摩周国立公園にて「サステイナブルキャンプ」を実施

PR TIMES / 2021年9月1日 19時15分

国立公園を舞台に、若年層向けにサステイナブルツーリズムの体験機会を提供

株式会社TABIPPO(東京都渋谷区/代表取締役:清水直哉)は、北海道エアポート株式会社(本社:北海道千歳市、代表取締役社長:蒲生猛)と共に、北海道・阿寒摩周国立公園にて、サステイナブルをテーマにした体験プログラム「SUSTAINABLE CAMP(サステイナブルキャンプ)」を実施します。今回のツアーでは、「自然」「文化」「社会」の3つの要素から未来のためにできることを考え、実践します。(公式サイト: https://hokkaidolove.jp/travel/sustainablecamp/



■「SUSTAINABLE CAMP」について

[画像1: https://prtimes.jp/i/10950/111/resize/d10950-111-9c5b69d3b0a67c5a8286-0.jpg ]

「SUSTAINABLE CAMP」は、北海道・阿寒摩周で開催される3泊4日のサステイナブルをテーマにした体験型プログラムです。 2021年秋と2022年冬(1月末開催予定)に開催し、今回は秋開催の募集となります。今回、TABIPPOが北海道エアポート株式会社と共同で、体験型プログラムの造成・募集・運営、特設サイト制作、SNS発信までトータルプロデュースを行います。

北海道・阿寒摩周国立公園に実際に足を運び、そこに広がる圧倒的な大自然や、アイヌの人たちが継承し続けた文化を目の前にしたとき、「この自然や文化を残したい、守りたい」と強く感じました。 3泊4日の旅の中で「未来に残すべき資産」を見つめ、私たちに残せるものはなにか、私たちが守れるものはなにか。参加者のメンバーと考え、実践していきます。

公式サイト: https://hokkaidolove.jp/travel/sustainablecamp/

■阿寒摩周国立公園の魅力

[画像2: https://prtimes.jp/i/10950/111/resize/d10950-111-203fed8ad2e7c265eb68-6.jpg ]

北海道東部に位置する阿寒摩周国立公園は、北海道で最も歴史のある国立公園の一つです。阿寒・屈斜路・摩周の3つのカルデラ湖を中心に、9万ヘクタールにも及ぶ広大な自然が広がり、季節によって異なる表情を見せる阿寒湖、オンネトーや、世界有数の透明度を誇る摩周湖、今なお噴き続ける硫黄山、源泉かけ流しの川湯温泉など様々な魅力があります。

阿寒湖畔には、先住民族であるアイヌ民族の集落「アイヌコタン」もあり、自然と共に生きる知恵を学んだり、独自の文化を体験することができます。

■サステイナブルツーリズムとは

[画像3: https://prtimes.jp/i/10950/111/resize/d10950-111-378039494e27a6edaed4-5.jpg ]

サステイナブルツーリズムとは「持続可能な観光」を意味し、地域の自然環境を守りながら、観光業を活性化させ、住民の暮らしを良くしていくことを目指すための新しい旅のあり方です。環境負荷のかからない移動を心がけること、ゴミを減らすこと、文化や歴史を学ぶことなど、心がけ次第でできることがたくさんあります。

自然環境だけでなく、「地域全体を守る」視点を持つことが大切です。今回のツアーでは、「自然」「文化」「社会」の3つの要素から未来のためにできることを考え、実践します。

■「SUSTAINABLE CAMP」参加者を募集します

[画像4: https://prtimes.jp/i/10950/111/resize/d10950-111-e57017587b094f627478-4.jpg ]

北海道、阿寒摩周ならではの大自然を活かしたアクティビティやユニークな文化体験ができる、「SUSTAINABLE CAMP」の参加者を募集いたします。参加をご希望される場合は、スケジュール及び応募条件をご確認の上、フォームよりご応募ください。

日程:2021年9月30日(木)~10月3日(日)
申し込みフォーム: https://forms.gle/HeafZpvVzi6TapsP8

※募集は10名限定です
※モニタープログラムのため宿泊費、アクティビティ費など参加費のほとんどが無料となります
※現地集合&現地解散のため、前後の旅程は自由に設定可能です

■ツアー日程

[画像5: https://prtimes.jp/i/10950/111/resize/d10950-111-0810fb168d48f5ba91d7-7.jpg ]



1日目 9/30(木)

13:30 阿寒湖まりむ館(阿寒観光協会まちづくり推進機構)集合
15:00 アイヌコタンにて講話聴講
16:00 阿寒湖・ボッケ散策
18:00 夕食
20:00 フリータイム
※1日目の宿は『あかん遊久の里 鶴雅』の予定です


2日目 10/1(金)

08:30 オンネトートレッキング
12:00 ランチ
13:00 フリータイム
18:00 川湯エリア散策
19:00 夕食
20:00 フリータイム
※2日目からの宿は『お宿 欣喜湯』の予定です


3日目 10/2(土)

09:00 川湯の森エコミュージアムセンター見学
09:45 つつじヶ原・硫黄山散策
12:00 ランチ
13:30 川湯温泉川歩行体験
14:00 フリータイム
18:00 夕食
19:30 川湯の森ナイトミュージアム(9/18~10/31限定開催)


4日目  10/3(日)

10:30 渡辺体験牧場
12:00 ランチ
13:00 クロージング
13:30 釧路圏摩周観光文化センター(摩周湖観光協会)にて解散

※新型コロナウイルス感染状況によって、政府や北海道・現地事業者から要請があった場合、やむを得ずプログラム内容の変更、実施の中止をする可能性がございます。ご参加においては北海道が実施する「新しい旅のスタイル( https://www.visit-hokkaido.jp/newstyle/)」を遵守いただきますようお願いいたします。

■株式会社TABIPPOについて
世界一周の旅を経験した旅人が、日本に旅を広めるために作った会社がTABIPPOです。2010年に設立されて、4年後の2014年4月に株式会社となりました。もっとたくさんの人に、旅への一歩を踏み出してほしいというシンプルな想いで、事業を展開しています。

旅を広める会社というのが、日本にはあまりないのですごく珍しい会社だと思っています。少しでも僕らの信じる「旅で世界を、もっと素敵に。」という理念に、共感してもらえたら嬉しいです。

■会社概要
社名:株式会社 TABIPPO
代表取締役社長:清水 直哉
設立:2014年4月10日
所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-33-6 JP noie 恵比寿西 1F co-ba ebisu
HP: https://tabippo.net/


■北海道エアポート株式会社について
北海道エアポート株式会社は2019年8月に設立され、北海道内7空港(新千歳、稚内、釧路、函館、旭川、帯広、女満別)の滑走路事業とターミナルビル施設等事業を一体的に運営しております。 「世界の観光客を魅了し、北海道全域へ送客する『マルチ・ツーリズムゲートウェイ』」を合言葉に、7空港が連携し、観光流動を道内各地に拡大することを目標としております。

■会社概要
社名:北海道エアポート株式会社
代表取締役社長:蒲生猛
設立:2019年8月23日
所在地:北海道千歳市美々987番地22 ターミナルアネックスビル5F
HP: https://www.hokkaido-airports.co.jp/


【お問い合わせはこちらから】
株式会社TABIPPO
東京都渋谷区恵比寿西1-33-6 JP noie 恵比寿西 1F co-ba ebisu
担当者:多葉田
Mail:contact@tabippo.net

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング