1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

最新の“美味しい”を発信するカフェ「Sign KICHIJOJI」溶かしながら飲む新食感スイーツ「武蔵野豆花冰(ムサシノトウファピン)」を2021年9月17日(金)より店頭にて販売スタート!

PR TIMES / 2021年9月11日 10時45分



[画像1: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=40062&t=animationGifImage&f=agd-40062-111-1.gif&img_id=1631322372055 ]

吉祥寺駅 アトレ吉祥寺本館1Fに位置する最新の“美味しい”を発信するカフェ「Sign KICHIJOJI」では、台湾スイーツで最もポピュラーな豆花を踏襲し「溶かしながら飲む新食感スイーツ」として店舗オリジナルに開発した「武蔵野豆花冰(ムサシノトウファピン)」の販売を2021年9月17日(金)より店頭フロントラインにて販売することが決定いたしました。

武蔵野豆花冰で使用する豆花は、店舗で一から丁寧に仕込みます。
丁寧に作り上げた豆花に、優しい甘さのシロップ、そして氷をミキサーで高速に撹拌しシャーベット状にすることでストローで飲めて最後まで冷たく味わえる、今まで味わったことのない新食感スイーツです。

Sign KICHIJOJIで味わえる武蔵野豆花冰は全部で3種類。
武蔵野豆花冰で最もプレーンとなるフレーバー「Sign豆花冰」は、店舗手作りの優しい甘さがするきび糖シロップを使用し、
マンゴーやいちごのトッピングを施すことで、見た目も華やかな一品です。
レモネードをベースにさっぱりとした味わいの「檸檬豆花氷」は、豆花のまろやかさがレモネードの酸味を緩和し、すっきりと爽やかに飲めるフレーバー。秋の季節にぴったりな一品です。
さらに、上質な抹茶粉で仕込んだ特製シロップを使い、さっぱりとした味わいのする「抹茶豆花氷」は、豆花の優しい味わいと抹茶のシロップが混ざり合い、抹茶オレのような味わいに!トッピングには、小豆や白玉などをたっぷりと盛り付け、台湾スイーツにも関わらず和を感じ取れる一品です。

アジアンスイーツが新たに盛り上がりを見せる吉祥寺に、店舗オリジナルで開発した「武蔵野豆花冰」。
今までになかった新食感スイーツをどうぞこの機会に、最新の“美味しい”を発信するカフェ「Sign KICHIJOJI」にてご堪能ください。


【商品詳細】


[画像2: https://prtimes.jp/i/40062/111/resize/d40062-111-cf695f00a6caaaabe646-3.jpg ]

左からシンプルながらも味わい深い「Sign豆花」、檸檬のすっきりとした味わいがする「檸檬豆花氷」、抹茶オレのような濃厚ながらもさっぱりとした「抹茶豆花氷」

商品名 : 武蔵野豆花冰
よみ : むさしのとうふぁぴん
販売価格 : 580円~
提供時間 : 11:00-20:00

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング