1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【大阪高島屋】各階計170以上のブランドでエコ・エシカルなアイテムを販売する「TSUNAGU ACTION」を実施

PR TIMES / 2021年10月4日 19時45分



TSUNAGU ACTION
■会期:2021年10月6日(水)~11月2日(火)
■会場:高島屋大阪店 各階

高島屋大阪店では、 “お客様とともにエコ&エシカルな暮らし方を考える”をテーマとした取り組み「TSUNAGU ACTION」を、10月6日(水)より各階で実施します。
SDGsへの関心はますます高まっています。しかし、お客様はエコ・エシカルだからという理由だけで商品を選ぶわけではありません。そこで、思わず手にしてみたくなるようなおしゃれな雑貨や、使う楽しさを感じていただける商品を取り揃えることで、まずは商品に興味・関心をお持ちいただけるように努めます。そして、その商品を選び使うことが地球環境負荷の軽減や社会課題の解決につながっていくことをお伝えし、使うことが満足感に結びつくような提案をしていきたいと考えています。

■取り扱い商品(一例)



エコなファッションを楽しもう!

~リメイクで生まれ変わった“世界にひとつだけ”のバッグ~
〈カワカワ〉kawa-Re(カワーレ)
バッグブランド〈カワカワ〉の新サービスは、不要になった〈カワカワ〉のバッグを買取り、パーツ交換から内装交換、革の染め直しなどの修復作業を行い、リファビッシュ商品として再び販売します。
リメイク商品は全て“1点もの”であり、個性を大事にファッションを楽しむ方々に人気です。


近年、ファッション業界の廃棄・焼却処分は、環境問題として取り上げられています。使わないものを処分するのではなく、手を加えて新たな商品価値を生み出すことで商品を再生・循環させていきます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/69859/111/resize/d69859-111-f1b7f381edf44668583f-0.jpg ]

※商品はすべて1点もののため、写真は一例です。
※店頭でのバッグの買取りは実施しておりません。
○2階 ハンドバッグ売場 
○10月6日(水)~19日(火)の販売


~裸足のような履き心地!リサイクル素材を可能な限り使用したサステナブルシューズ~
〈オッフェン〉 
1.シューズ 14,850円 
2.シューズ 15,950円


[画像2: https://prtimes.jp/i/69859/111/resize/d69859-111-370d7df0d6495524e3a0-2.jpg ]

「普段履けるちょっとオシャレな靴。そして環境に優しい。」をテーマに、2021年に誕生したブランド。まるで裸足のような開放感ある優しい履き心地のフラットシューズで、カットワークが人気のシリーズや、季節の新カラーなど豊富なデザインが揃います。アッパー部分に使用済みペットボトルをリサイクルした糸(再生PET糸)を使用し、生分解可能でリバウンド性にも優れたインソールを採用しています。土に還る素材でできたオリジナルシューキーパーと、靴箱の代わりに、水洗いできるくらい丈夫な再生紙の袋に入れて商品をお渡しします。この袋は保存袋などとして再利用していただけます。
○2階 婦人靴売場 
○9月29日(水)~10月12日(火)の販売
[画像3: https://prtimes.jp/i/69859/111/resize/d69859-111-f3c32cf8749f3d841940-3.jpg ]

    ↑ペーパーバッグの活用例


~現地の素材をいかし、職人たちの手仕事から生まれた、個性あふれる途上国発のバッグ~
〈MOTHERHOUSE〉
1.レイ2ウェイバックパック(約26×38×マチ13cm) 47,300円
2.レイ2ウェイバックパックプチ(約19×25×マチ9cm) 36,300円

[画像4: https://prtimes.jp/i/69859/111/resize/d69859-111-cfa4d1bf78ba622ce3f8-4.jpg ]

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念のもと、2006年にバングラデシュからスタート。現在は、ネパールやインドなど6つの生産国の魅力ある素材や職人の技術を活かしたモノづくりを展開しています。素材だけでなく生産方法もそれぞれの国の文化や生活様式に合わせるため、工場・工房で現地の職人と同じテーブルに向かいあい、議論を重ねます。そうして生まれた商品は個性豊かなものばかりです。写真の2ウェイバッグはパリの街並みからインスピレーションを受けた上品なシルエットが魅力です。
○3階 トレンドクローゼット


~木の実の綿から作られた、軽量で暖かいカポック繊維のウエア~
〈マンシングウェア〉 
1.ブルゾン(メンズ)35,200円
2.ブルゾン(レディス)35,200円

[画像5: https://prtimes.jp/i/69859/111/resize/d69859-111-3aef1729b51a954ff44c-5.jpg ]

動物由来の素材を使用しないヴィーガンファッションが着目される中、「カポック」という素材が持つ大きな可能性に注目が集まっています。東南アジアの森に自生する樹木「カポック」は、綿の約8分の1という軽量さで湿気を吸って発熱するなどダウンに似た性質を持つのが特徴です。写真のブルゾンはその実を原料とした中綿を使用しています。
○5階 ゴルフウェア売場


地球復興を応援しよう!

~コンセプトは“森をまとう”。高野山をはじめ各地の倒木や間伐材が柔らかな布へ~
〈緑樹(えんぎ)の糸〉樹木布(Jumoku Fu) 
1.(50cm)3,300円 ※50cm以降、10cm単位 660円で承ります。
2.(50cm)5,500円 ※50cm以降、10cm単位 1,100円で承ります。

[画像6: https://prtimes.jp/i/69859/111/resize/d69859-111-52e03943cd9e9d4ed3d8-6.jpg ]

高野山をはじめ各地の倒木や間伐材(杉・檜など)の繊維をつむいで作った「樹木布(Jumoku Fu)」。樹木由来ならではのナチュラルな色合いとほのかな木の香り、そして、吸湿速乾性と消臭性、使うごとに柔らかく変化する風合いが特徴です。今回はご希望に応じたオーダーカットをご提案。ショールやのれん・テーブルクロス・タオルなど生活に身近なアイテムとしてご利用いただけます。生活シーンに合わせて自分でカットすることができるので、最後まで無駄なく使えます。〈縁樹の糸〉は、日常生活の中で“森をまとう”モノづくりを行うことで、自然と人の豊かな共生の未来づくりを目指しています。
○6階 きもの売場                                    


~お菓子でできる東北支援~
〈アンリ・シャルパンティエ〉 
スマイルフォー東北 フロム芦屋〈林檎〉(7個入)1,296円

[画像7: https://prtimes.jp/i/69859/111/resize/d69859-111-4846b808a465518df4ad-7.jpg ]

2012年からスタートしたお菓子を通じた東北支援「スマイルフォー東北」プロジェクト。お菓子をあえて1個分減らした商品を通常価格にて販売することで、1個分の差額を東北の復興や被災した学生への支援につなげています。これからの季節では定番の焼き菓子と蔵王のクリームチーズに青森県産りんごを使ったジャムを合わせた「ケーク・フロマージュ〈林檎〉」の詰め合わせをご用意しています。                
○地階 洋菓子売場


環境に優しいものを使おう!

~日々使うものから始めるエコライフ!再生可能原料で作られた歯ブラシ~
〈ハイドロフィル〉
1.サスティナブル トゥースブラシ 各660円 
2.サスティナブル キッズトゥースブラシ660円

[画像8: https://prtimes.jp/i/69859/111/resize/d69859-111-0cda346d3e8757f8e474-8.jpg ]

「サスティナブル トゥースブラシ」はポップなデザインが魅力。ハンドル部分に孟宗竹、ブラシ部分にはトウゴマの種子から抽出したヒマシ油由来のナイロンを使用し、プラスチックの製造で使われるBPA(ビスフェノールA)を含んでいません。塗料は自然塗料を使っています。歯ブラシは1カ月に1本のペースでの交換が適切とされています。普段何気なく使っているプラスチック製の歯ブラシをエコなものに変えるだけでも、環境負荷軽減への一歩になります。
○6階 バス・トイレタリー売場


~廃棄糸を組み合わせることで暖かな手編みの糸に~
〈ランカバ〉
マティルダ 各色1,375円から 
チャンキーモップ 各色1,012円から
ミニモップ 各色1,012円から
※写真はイメージです。
[画像9: https://prtimes.jp/i/69859/111/resize/d69859-111-6ec1e29bd14063c452ba-9.jpg ]

フィンランドで生まれた〈ランカバ〉の手編み糸は、しっかりとした丈夫な糸でインテリア雑貨におすすめです。通常、染色時には大量の水・化学物質を使用します。しかし、〈ランカバ〉は、アパレル工場から廃棄される生地や材料の糸を組み合わせることで、染色せずに独自の色合いを作り出しています。                
○6階 台所用品売場 

【イベント:〈ランカバ〉ワークショップ かぎ針によるコースター作り】 
講師に梶 成子氏を迎え、コースターを作りながら、かぎ針の持ち方、くさり編み・細編み・長編みなど基本の編み方を学んでいただけます。
・日時:10月16日(土)午前11時~・午後2時~(各回約90分)
・場所:6階 台所用品売場
・定員:各回先着4名様 ※ご予約優先
・参加費:1,100円(材料費込)


自然にも人にも優しい食べ物を選ぼう!

~自然にも人にもやさしい食生活を~
1.〈味千汐路〉有機野菜のドレッシングカルパッチョ(130ml/1本)519円
2.〈地球畑〉有機野菜のおかゆ(ベビーフード)(1袋)各451円
3.〈いずみピクルス〉射手矢さんちの玉ねぎピクルス(洋風)(220g)648円

[画像10: https://prtimes.jp/i/69859/111/resize/d69859-111-d51ff5ab538920e6f0c7-10.jpg ]

農薬や化学肥料を極力使わずに、伝統的な泉州玉ねぎを作り続けている射手矢農園。「玉ねぎピクルス」はこの秋のおすすめの一つで、肉厚な玉ねぎのうまみを堪能できるシャキシャキ食感が特徴です。おかゆは農薬や化学肥料を使わず育てた有機野菜・有機米を使用。保存料や添加物、化学調味料を使わずに作った離乳食です。ドレッシングも有機野菜で作られており、化学合成添加物は一切不使用です。
有機栽培で作られた野菜や米、品質を追求した調味料など、オーガニックや自然派食品を選ぶことが、自然と身体をいたわるヘルシーな食生活につながっていきます。
○地階 〈高島屋ファーム〉


その他、環境や人に配慮したモノづくり!

~役目を終えた学校の備品や思い出の品が生活を彩るインテリア雑貨として生まれ変わる~
〈upcycle interior〉
壁かけ時計1.シンバル 4,620円 
2.ランドセル 13,750円

[画像11: https://prtimes.jp/i/69859/111/resize/d69859-111-9cc8b4f5b0542527e420-11.jpg ]

どこか懐かしさを感じつつもポップなデザインが目を惹くインテリア雑貨。これらは、ランドセルや、学校などで使用されていた楽器など不要になった備品を捨てるのではなく、アップサイクルしたものです。シンバルの壁かけ時計は、愛くるしいフォルムで、ゴールドの色味が部屋のアクセントになります。卒業後押し入れに眠っているランドセルに着目した壁かけ時計は、かぶせの部分を使用。思い出の品が、これからの新たな日常を刻む時計として生活を彩ります。廃棄される備品を身近なインテリア雑貨にアップサイクルすることで、次世代のこどもたちがものの大切さを考えるきっかけにもなります。
※廃棄物などを材料に利用しているため、商品にキズやシミなどがございます。また、商品ごとに色味やサイズなどが異なります。                           
○7階 洋家具売場 
○10月6日(水)~19日(火)の販売 ※最終日は午後5時まで


~食べる喜びを取り戻すきかっけに。“食のバリアフリー化”を目指し作られたカトラリー~
〈猫舌堂〉
スプーン&フォーク[iisazy 月見桜]
(スプーン:約2.4×1.3×長さ16.9cm、フォーク:約1.9×1.3×長さ16.6cm) 4,400円

[画像12: https://prtimes.jp/i/69859/111/resize/d69859-111-45032af54e52e74b9c0b-12.jpg ]

シンプルなデザインの中に思いやりと優しさがあふれるカトラリー。がんの手術や治療などによって食べることの悩みを抱えた時、「食べられないことよりも一緒に食べられないことがつらかった」。そんな実感から、食事の時間をおしゃれに楽しんでいただけるように願いを込めて誕生したカトラリーで、デザインには徹底的にこだわっています。例えば、食べ物を口に運びやすくなるように幅を狭く設計。薄く平たい形状は口腔内できれいにすくい取れて、口元が汚れる心配が軽減されます。手作業にて1mm単位で削り出すことで生まれる口当たりの良さを体感してください。                                 
○6階 和洋食器売場


~余ったハギレを美しいラッピングに~
〈播州織ラッピング〉
タテ糸ボンボン 880円
お祝儀袋 1,980円
※写真はイメージです。
[画像13: https://prtimes.jp/i/69859/111/resize/d69859-111-e8d0569dc0fc3eb9d63e-13.jpg ]

美しいラッピングには、廃棄物をできるだけ少なくして地球環境にも貢献しようとする想いも込められています。自然な風合いと豊かな色彩で世界的なブランドの生地としても採用される「播州織」。竹本佳代氏は工場で余ったハギレに着目し、残糸を再利用するラッピングを考案しました。縦糸を使用したボンボンはラッピングを彩るだけでなく、髪飾りやコサージュのようにも使用可能。ハギレを使用した祝儀袋はお祝いの気持ちを華やかに表現します。
○6階 和洋食器売場 
○10月6日(水)~12日(火)の販売

【イベント:播州織ラッピングワークショップ】
SDGsにつながる商品企画のお話も交えながらボンボンの作り方やラッピングの方法を学んでいただけます。
・日時:10月9日(土)・10日(日)各日午後1時~・3時~(各回約60分)
・場所:6階 和洋食器売場
・定員:各回先着5名様 ※ご予約優先
・参加費:タテ糸ボンボンづくり 1,980円(材料費込)/ラッピングワーク 2,750円(材料費込)


「販売」・「回収」・「再生」を繰り返す循環型商品を提案。「Depart de Loop(デパート デ ループ)」

今年6月にスタートした、サステナブルな循環型社会の実現を目指す高島屋のプロジェクト、「Depart de Loop(デパート デ ループ)」。その一環として、BRING™(ブリング)とパートナーシップを組み、再生ポリエステルを使った服を販売し、長くご愛用いただいた後に回収します。回収した服は繊維原料に再資源化し、何度でも新しい服に生まれ変わらせます。環境に配慮した循環型商品「再生し続ける服。」として、今秋冬の新作が約40アイテム登場します。
これらの商品は、リサイクルが可能な循環型商品として、服の販売とともに回収もセットで行います。
お客様に長くご愛用いただき、ご不要になった際は高島屋のご購入店舗へお持ちいただくと、お買い上げ売場にて回収します。「販売」・「回収」・「再生」を繰り返す循環型商品として、商品タグを印としてつけており、販売した売場にて常時回収を行い、再生ポリエステル樹脂の原料として活用していきます(詳細は別リリースに記載)。

【今回のポイント】
・注目ブランド〈White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)〉とのスペシャルコラボレーションが実現。再生ポリエステル糸(BRING Material™)を使った、サステナブルなカプセルコレクションシリーズが登場します(※10月15日から順次販売スタート予定)。
・衣料品回収キャンペーンを高島屋各店(計14店舗)で開催(6月は大阪店・新宿店で開催)。

【大阪店での衣料品回収キャンペーンについて】
・日時:10月6日(水)~19日(火)
・場所:高島屋大阪店1階 グッドショックプレイス

6月に開催した際、多くのお問合せを頂戴したことを受け、今回は、1階正面玄関前のスペースで実施。期間中は、素材・ブランド等を問わず、ご不要になった衣料品を回収します。回収した衣料品は、まだ着きれる服、使用できる服は寄付やリユースを行い、その他はポリエステル以外の原料も可能な限り、資源にまで再生します。

※価格は消費税を含む総額にて表示しております。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング