新たなCOPD疾患啓発キャンペーン開始 家族の勧めでCOPDを早期発見!

PR TIMES / 2012年11月12日 19時51分

- 家族の勧めがあれば、男性の8割が医師に相談すると回答
- 家族の健康を願う代表として「美魔女」をキャンペーンサポーターに




2012年11月12日、日本/東京
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:青野吉晃、以下「日本ベーリンガーインゲルハイム」)は、主に長年の喫煙習慣によって引き起こされる肺の生活習慣病 COPD(慢性閉塞性肺疾患)の早期発見、早期治療を目的としたオンライン啓発キャンペーンを、11月14日の世界COPDデーに先駆け、11月12日より開始いたします。
COPDは、主に長年の喫煙習慣が原因で発症し、呼吸機能が低下していく肺の病気です。以前は「慢性気管支炎」、「肺気腫」と別々に呼ばれていましたが、この2つを総称して「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」と呼ばれています。また、患者さんの90%以上に喫煙歴があることから、別名「タバコ肺」とも呼ばれています。日本には約530万人の患者さんがいると言われ(NICE study 2001)、厚生労働省の統計によると年間17,000人弱がCOPDによって死亡しており、日本人男性の死因の第7位となっています。COPDの症状として、咳、痰、息切れがありますが、咳や痰は風邪のせい、息切れは歳のせい、と思われがちであり、疾患が見過ごされているのが現状です。治療せず放置すると進行していき、日常生活に支障を来し、重症化すると死に至ることもあるため、早期発見、早期治療が非常に重要です。


「家族に勧められたら受診しようと思う」男性が約8割
日本ベーリンガーインゲルハイムとファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梅田一郎)が、本年10月に行ったオンライン調査によると、50-60代の喫煙経験のある男性の49%が「自分は将来COPDにはかからないと思う」と回答し、COPDを他人事として捉えていることが明らかになりました。しかし一方で、約80%の男性が「家族に勧められれば受診しようと思う」と回答していることから、健康を気遣う家族の気付きと勧めが、医療機関の早期受診につながることが示唆されました。また同様に、喫煙経験のある夫や父を持つ20-60代の女性にCOPDについて説明したところ、76%の人が「夫・父に受診を勧めたい」と回答したことから、COPDの早期発見・早期治療には、家族を通じた啓発活動が重要であることが分かりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング