NKEが運営する通販サイト「NKEオンライン」の海外EC販売を“Buyee”がサポート開始

PR TIMES / 2020年3月23日 16時5分

“Buyee”が海外対応ページの生成、海外発送、多言語カスタマーサポートを担う

BEENOS株式会社(東証一部:3328)の連結子会社で、越境ECをサポートする代理購入サービス「Buyee(バイイー) http://buyee.jp/」を運営するtenso株式会社(以下「tenso」)は、エア機器、搬送機器等の省力化機器の製造・販売を行うNKE株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:中村 道一、以下:NKE)が運営する通販サイト「NKEオンライン」(URL: https://www.nke.co.jp/ec/)の海外向け販売をサポートいたします。



「NKEオンライン」は、NKEが製造するファクトリーオートメーション関連の工業用部品や機器を販売するほか、一般商品も取り扱っています。このたび、人工筋肉を使用した腰背部サポーター「腰助くん」を海外の方にも知っていただく機会を設けたことを契機に、Buyeeとの連携に至りました。

今回の連携では、「NKEオンライン」とtensoが運営する海外向け代理購入サービス「Buyee」がシステム連携し、Buyee内に海外向けのページを開設いたします。ページ内では、日本語・英語・中国語(繁体・簡体)・インドネシア語・タイ語・韓国語・スペイン語・ドイツ語・ロシア語など計10言語から表示言語を選択することができることに加え、海外では主流のPayPal、Alipay、銀聯クレジットカードといった決済方法も利用することができます。さらに、Buyeeは海外発送手続きや9言語でのお客様のお問合せサポートなどを行います。


Buyee内の「NKEオンライン」
販売ページ: https://shop.buyee.jp/nkeonline


■イメージ図販売ページ(簡体字)

[画像: https://prtimes.jp/i/35599/112/resize/d35599-112-993978-0.png ]



■連携の背景(NKE株式会社 NKEオンライン担当者様のコメント)

弊社のECサイトのみで販売しておりました一部商品「腰助くん」を海外の方にも知っていただく機会を設けたことがきっかけです。弊社のECサイトでは海外からの注文には対応しておらず、対応するにも決済等の体制づくりが厳しい状況でした。他に海外から注文できる方法がないか探していたところ、ネット情報からBuyeeを知り、利用することになりました。具体的な利用シーンとしては、日本で弊社商品「腰助くん」の情報を知った外国人観光客が帰国後でもネットからBuyeeを通して商品をご注文していただくことを想定しております。


■Buyeeが提供する海外販売のサポート内容

◆サイト翻訳…日本語・英語・中国語(繁体・簡体)・インドネシア語・タイ語・韓国語・スペイン語・ドイツ語・ロシア語
◆多様な決済手段に対応…Paypal、Alipay、銀聯クレジットカード等各種クレジットカード
◆多言語でお問い合わせサポート…海外ユーザーと国内ECサイト事業者様の仲介としてお問い合わせに日本語・英語・中国語(繁体・簡体)・インドネシア語・タイ語・韓国語・スペイン語・ドイツ語で対応
◆豊富な配送手段に対応…EMS・SAL便・ 国際小包・船便 DHLなど
◆独自の保障サービス…Buyee独自の検品・配送補償を提供


【「NKEオンライン」運営会社の概要】

(1)社名 :NKE株式会社
(2)代表者:代表取締役社長 中村道一
(3)本店所在地 :京都府京都市伏見区羽束師菱川町366-1
(4)設立 :1969年8月


【tenso株式会社の概要】

国内ECサイトの海外販路拡大をサポートするtensoは、「転送コム」(海外転送サービス)と「Buyee」(代理購入サービス)の2つのサービスを展開しております。「転送コム」はECサイトの代わりに海外発送オペレーション、多言語カスタマーサポートを、「Buyee」ではそれに加えて翻訳、決済代行を行います。現在合計2,020以上のサイトに導入いただいており、配送対象国は118ヶ国に上ります。海外消費者からは、配送手段、決済手段が多様であることや、複数のサイトで購入した商品でも同梱できることなど、高いサービスレベルが評価され、会員数は210万人以上(2020年1月末時点)となりました。

(1) 社名 : tenso株式会社
(2)代表者: 代表取締役社長 直井 聖太
(3)本店所在地 : 東京都品川区北品川四丁目7番35号
(4)設立年月 : 2008年7月
(5)資本金 : 100百万円

※BEENOS株式会社(東証一部:3328)の連結子会社です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング