アルテラ、14nm Stratix 10 FPGA & SoC向け設計が可能となる開発ソフトウェアの提供を開始

PR TIMES / 2014年8月7日 17時7分

革新的なFast Forward Compile機能を搭載する Stratix10 開発ソフトウェアにより、2倍の性能向上を実現



プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO 兼会長:ジョン・デイナ、日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:ハンス・チュアン、NASDAQ:ALTR 以下、アルテラ)は、米国時間 8 月 4 日、本年初めに早期アクセス・プログラム参加されたお客様に対して実施したベンチマークの優れた結果に基づき、業界で初めて 14nm FPGA をターゲットにした開発ソフトウェアである Stratix(R) 10 FPGA & SoC の早期アクセス開発ソフトウェアをリリースしました。プログラム参加のお客様は、直ちに Stratix 10 FPGA デザインを開始し、Stratix 10 HyperFlex(TM) アーキテクチャおよびインテルの 14nm トライゲート・プロセスによってもたらされる 2 倍のコア性能向上を実際に体験することができます。アルテラは、この開発ソフトウェアを通じて、お客様が迅速なデザイン性能調査を実行し、著しい性能向上を達成できる、革新的な Fast Forward Compile 機能を含む Hyper-Aware デザイン・フローを提供します。

Stratix 10 FPGA が実現する卓越したコア性能の向上により、ユーザーは HyperFlex アーキテクチャの革新的な能力を活用して、前世代の FPGA アーキテクチャでは実現できなかった著しく高い水準の性能を達成できるようになり、デザインにおける性能の制限を取り払うことができます。Stratix 10 を使ったデザインのために提供される Fast Forward Compile 機能は、性能障壁の原因を特定し、ユーザーが迅速に実行できる詳細でかつステップ・バイ・ステップ方式の性能向上に関する推奨情報を提供します。ユーザーはまた、Fast Forward Compile 機能が提供する推奨情報を適用することで達成できるデザインの fMAX (最大動作周波数)の見積リ値を得ることもできます。この革新的なデザイン・フローであるFast Forward Compile 機能により、設計者は Stratix 10 FPGA によって実現される全体的なデザイン性能を最大限に高めることが可能になり、迅速なタイミング・クロージャを達成することができます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング