【タブレット端末に関するアンケート調査】タブレット端末の利用率は2割強で増加傾向。利用意向は4割弱。選定時の重視点は「価格」の他、「操作性」「バッテリー」「画質」「軽さ」など

PR TIMES / 2014年4月30日 9時40分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、3回目となる『タブレット端末』に関するインターネット調査を2014年4月1日~5日に実施し、11,379件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18907/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■タブレット端末の利用率は2割強で増加傾向。現利用端末は「1台目」が8割、「2台目」が1割強で男性40代で多い
■タブレット端末の利用意向は4割弱、10・20代で高い。タブレット端末利用者では9割弱、非利用者では2割強。選定時の重視点は「価格」の他、「操作性」「バッテリーの持ち時間」「画質」「軽さ」などが上位
───────────────────────────────────────────



◆タブレット端末の所有状況
タブレット端末の利用率は20.5%、過去調査と比べて増加傾向です。「Apple(iPad、iPadminiなど)」が9.2%、「Google(Nexusなど)」が2.3%などとなっています。現在利用しているタブレット端末は「1台目」という人が80.9%、「2台目」が13.2%です。男性40代では「2台目」が2割弱で、他の年代より多くなっています。


◆タブレット端末の利用シーン
タブレット端末の利用シーンは、「自宅でひとりでくつろぎながら」(73.6%)がトップ、「時間つぶし」「自宅で、家族と過ごすときに」「自宅のベッドや布団」「自宅で、テレビやDVDなどを見ながら」「電車やバス、車など、交通機関利用中に」「旅行先」が各2~3割で続きます。「自宅で、料理をしながら」は女性が男性を約14ポイント上回ります。Google製利用者やシャープ製利用者では、「電車やバス、車など、交通機関利用中に」が多くみられます。

◆タブレット端末で利用している機能・サービス
タブレット端末で利用している機能・サービスは、「ウェブサイトの利用」(71.0%)が最も多く、「メール」「動画の視聴」が各4~5割、「写真・画像の閲覧」「地図・GPS」「ソーシャルメディア」「ゲーム」「ショッピング」「音楽を聴く」が各2~3割で続きます。「レシピサイト・アプリの利用」は女性が男性を約25ポイント上回ります。「地図・GPS」は50代以上でやや多くなっています。Google製利用者では「地図・GPS」、Amazon製利用者では「電子書籍・雑誌・新聞の閲覧・ダウンロード」、富士通製利用者では「テレビ視聴・録画など」の比率が高くなっています。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング