“テーラーメイド”が国内ツアーを席巻!『R1 ドライバー』、日本メジャー初制覇達成!! 国内女子ツアーでは『GLOIRE ドライバー』が2勝目を記録!

PR TIMES / 2013年5月21日 9時31分



テーラーメイド ゴルフ株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:菱沼信夫)では、同社が展開する 「テーラーメイド」契約の金亨成(キム・ヒョンソン)が5月16日~5月19日に開催された国内男子ツアーメジャー初戦、「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」(開催場所:総武カントリークラブ 総武コース/千葉)で、日本メジャー初優勝を獲得。『R1ドライバー』が国内メジャー初制覇を達成しました。さらに、同週開催された国内女子ツアー「ほけんの窓口レディース」(開催場所:福岡カンツリー倶楽部 和白コース/福岡)では、当社契約のO.サタヤがツアー初優勝を達成、「テーラーメイド」ブランドが国内ツアーを席巻しました。


首位に9打差の1オーバー、17位タイから最終日をスタートした金亨成は、『R1 ドライバー』を武器に終始攻めのゴルフを展開。「安定した『R1』のドライバーショットのおかげで確実にフェアウェイを捉え、タフなセッティングの総武CCを攻略することができた」と述べている通り、2番からの4連続バーディで一気に首位争いに参戦。7バーディ、1ボギーの「65」をマークし、9打差を逆転する通算5アンダーで、自身初となる日本メジャータイトルを獲得しました。

さらに、国内女子ツアーでは単独首位からスタートしたO.サタヤが後続を振り切り、自身初となる勝利を獲得。タイ国籍のプロとしても初の日本女子ツアー制覇を果たしました。接戦となった同トーナメントでは、『GLOIRE ドライバー』とアディダスゴルフの軽量フットウェア『adizero Tour』がO.サタヤのプレーをサポート。ツアー初優勝に大きく貢献しました。


『R1ドライバー』は国内男子ツアー開幕から4戦連続、『GLOIREドライバー』は国内女子ツアー開幕から11戦連続でモデル別使用率No.1*1を獲得するなど、ツアーで活躍する多くのプレイヤーから高い支持を獲得しています。

金亨成 使用スペック*2

ドライバー    : 『R1 ドライバー』(10°/Nポジション)
フェアウェイウッド : 『TaylorMade ROCKETBALLZ Tour フェアウェイウッド』(14 .5)


O.サタヤ 使用スペック*2

ドライバー     : 『GLOIRE ドライバー』(9.5/Lポジション)
フェアウェイウッド : 『GLOIRE フェアウェイウッド』(15.0)
          : 『GLOIRE フェアウェイウッド』(18.0)
ユーティリティ   : 『TaylorMade ROCKETBALLZ レスキュー』(19.0)
         : 『TaylorMade ROCKETBALLZ レスキュー』(22.0)
アイアン      : 『Tour Preferred MC Forgedアイアン』(#5-PW)
フットウェア    : 『adizero Tour』

*1:ダレル・サーベイ調べ(2013年5月20日現在)
*2:使用スペックに関しては一部、市販モデルとは仕様が異なる場合があります。


■ 「R1 ドライバー」

『R1ドライバー』は、1ヘッドでゴルファーが必要とするコアロフトを全て網羅し、最適弾道を提供するドライバー。テーラーメイドが新たに導入する進化したロフト調整機能の搭載により、8°~12°の一般的なロフトバリエーションを全て網羅。スタンダードポジション10°の設定で±2°の可変領域、12ポジションを実現しました。またホワイトカラーに斬新なオレンジカラーとトライアングルデザインを組み合わせた独創的なクラウンデザインは圧倒的な存在感を演出すると同時に、トライアングルゾーンがターゲットラインを明確にすることで、より正確なショットに貢献します。


■ 「GLOIRE ドライバー」 
やさしく高弾道で飛ばすためのアドバンスド・ディスタンス・テクノロジーを結集して開発。超薄肉部を作り出すことでヘッドの低重化を実現する「ウルトラ・シン・ディンプルクラウン」に加え、「チューンド・シージー・ウエイト」により、さらなる低重心化とつかまりやすさを促進、高弾道を可能にします。また、効果的に空気抵抗を削減する「ニューエアロ・ヘッドデザイン」がヘッドスピード向上に貢献。「フォージド・アルファ・ベータ・チタンフェース」と、『GLOIRE』のために開発された「インバーテッド・コーン・テクノロジー2」との相乗効果によりスイートエリアを20%アップ、やさしさを実現しました。さらに、定評のある「FCT(フライト・コントロール・テクノロジー)」がロフト角調整を可能にし、あらゆるゴルファーに最適な弾道を提供します。


■ 「adizero Tour」 
『adizero Tour』は軽量性と安定性を極限まで高め、10クリーツのツアーシューズとしてはアディダスゴルフ史上初となる重量(片足)300gという軽量化を実現。シューレースにおいても軽量化を図るなど、徹底した軽量化を施すことにより、アディダスゴルフ史上最軽量を誇る10クリーツ搭載ツアーフットウェアが誕生しました。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング