スマート・メータ・デザインの定義を一新する フリースケールのKinetis Mシリーズ・マイクロコントローラ

PR TIMES / 2013年10月23日 12時29分

Kinetis Mシリーズ製品を来月より一般向けに提供開始

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール)は、次世代のスマート・メータ向けに設計された32ビットのARM(R) CortexTM-M0+コアをベースとするKinetis(キネティス)Mシリーズ・マイクロコントローラの量産出荷を来月から開始することを発表しました。

費用対効果に優れたKinetis Mシリーズ・マイクロコントローラは、高性能のアナログ・フロント・エンド(AFE)、ハードウェアによる改ざん検知、および低消費電力動作の統合により、安全で高精度の単層、二相、および三相電力メータの設計を可能にします。フリースケールは、0.1%の計測精度とすべてのESD条件を満たす複合的な計測ファームウェアを内蔵した、実績のある電力メータのハードウェア・リファレンス・デザインも提供しています。

従来のスマート・メータ・デザインは一般的に2つのチップを搭載し、WELMECやOIMLなどの国際規格に準じて料金請求用ソフトウェアとメイン・アプリケーション・コードを分離して処理していました。Kinetis Mシリーズ・マイクロコントローラは、メモリ保護ユニット、ペリフェラル・ブリッジ、保護機能が設定されたGPIO、およびDMAコントローラをオンチップに統合することにより、これらのタスクを1つのチップで処理します。外部からの改ざんに対しては、独立型リアルタイム・クロック(iRTC)による自動タイムスタンプ機能を備えた、能動的にも受動的にも動作する改ざん検出ピンで防護します。さらに、乱数発生器を利用すれば高速かつ簡単に暗号化アルゴリズムを組み込むことが可能です。

Kinetis Mシリーズの中枢であるAFEは、超高性能と付加価値をスマート・メータ・アプリケーションに提供します。メータ以外にも、高精度が要求されるさまざまな産業計測アプリケーションにも応用することができます。AFEは以下の機能を備えています。
・ 最大4つの独立した24ビット シグマ・デルタ・アナログ・デジタル・コンバータ(ADC)による、電圧と電流の同時計測
・ 低ノイズの2つのプログラマブル・ゲイン・アンプによる、2000:1の入力ダイナミック・レンジ
・ 最大12チャネルの16ビット逐次比較型(SAR) ADCによる、三相アプリケーションでの高精度の電圧計測
・ 全動作温度範囲で低ドリフトを維持する高精度の電圧基準回路
・ 位相変位補償器による正確な電力量計算

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング