アウトソーシングに対する1番の課題は「適切な委託先かを判断すること・47.9%」~業務委託・アウトソーシングに関する意識調査~

PR TIMES / 2012年6月27日 18時44分



ITに専門特化した人材サービス・アウトソーシングサービスを行う株式会社パソナテック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 吉永隆一、www.pasonatech.co.jp)は、個人が時間や場所にとらわれずに仕事を自由に選択し、ネット上で個人もしくはチームで“コワ―キング”(co-working)を実現するサービス「Job-Hub」(ジョブハブ、http://jobhub.jp/)を8月末より開始致します。

サービス開始に伴い、企業の経営者・管理部門・技術部門ご担当者を対象に企業の業務委託・アウトソーシングに関する意識調査を実施し、213件の回答を回収いたしました。

●アウトソーシングを活用した経験がある企業は71.9%
 そのうち、41.4%が「個人事業主・フリーランス」も活用したことがある。
●今後もアウトソーシングを有効活用したい企業のうち、36.2%が
 アウトソース先として「法人・個人」にこだわらない。
●アウトソーシングに対する1番の課題は「適切な委託先かを判断すること」(47.9%)。
 また、中小企業(300名以下)では「委託先を探し出すことが難しい」
 「適切な契約金額がわからない」が平均より高い結果に。

今回の調査結果から、企業のアウトソーシングに対するニーズは高いものの、委託先の選定や適切な契約金額の判断が課題であることがわかりました。

パソナテックでは「Job-Hub」(ジョブハブ)を開始することにより、企業規模に関わらず業務を柔軟にアウトソーシングすることができるよう新たな環境の構築を目指します。インターネット上で仕事を希望するコワーカーが自分を表現する仕組や、コワーカー、クライアント双方の実績表示・他者評価を充実させることで、業務を発注する側とのマッチングの精度が向上するシステムを提供いたします。

「Job-Hub」では、ライフスタイルや価値観の多様化に伴い、新しい働き方として注目される「コワーキング」について、こうした働き方を希望する方々の就労意識や優秀な人材に業務をアウトソーシングする企業の実態を定期的に調査し、誰もが自由に好きな仕事を選択し、一人ひとりの人生設計にあった働き方ができる社会を目指してまいります。

________________________________________________

業務委託・アウトソーシングに関する意識調査結果
________________________________________________

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング