パナソニック ネットソリューションズ ワークフローシステム「MajorFlow」シリーズと オプション製品の新バージョンをリリース

PR TIMES / 2014年9月25日 14時47分



パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社の連結子会社であるパナソニック ネットソリューションズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:前川 満 以下:パナソニックNETS)は9月25日より、ワークフローシステム「MajorFlow(メジャーフロー)」シリーズの新バージョンを発売いたします。併せて、Web経費精算システム「MajorFlow Keihi」のオプション製品「PCA会計連携オプション」の新バージョンも同日発売いたします。

「MajorFlow」シリーズの新バージョンでは、シリーズ共通の新機能として、複数の承認待ち申請書がある場合でもひとつひとつ申請書を開くことなく連続して承認作業を行える「連続承認機能」を追加しました。また勤怠管理システム「MajorFlow Time」は、サイボウズ株式会社製のグループウェア「サイボウズ ガルーン」との連携に対応。今般のバージョンアップで、「サイボウズ ガルーン」の画面から「MajorFlow」シリーズすべての製品を利用できるようになりました(※1)。

「PCA会計連携オプション」の新バージョンでは、ピー・シー・エー株式会社の財務会計ソフト「PCA会計」に加え、新たに「PCA公益法人会計」と「PCA社会福祉法人会計」との連携に対応、より幅広い法人形態で「MajorFlow Keihi」を利用できるようになりました。

パナソニックNETSでは、今後もお客さまの使いやすい製品を提供し、効率化やコンプライアンス強化というお客さまの課題解決に貢献できるように邁進してまいります。


■「MajorFlow」新バージョンの概要
(1)発売日       2014年9月25日
(2)価格(税抜)
   MajorFlow Form : ライセンス費用79万円(最小ユーザー数50人)、年間保守費用20万円~
   MajorFlow Time : ライセンス費用80万円(最小ユーザー数50人)、年間保守費用20万円~
   MajorFlow Keihi : ライセンス費用75万円(最小ユーザー数50人)、年間保守費用11.25万円~
(3)目標        2014年度末までに100社へ販売
(4)今回新たに追加された機能
・MajorFlow シリーズ共通 : 連続承認機能
・MajorFlow Time : サイボウズ ガルーン連携など31項目

■「PCA会計連携オプション」新バージョンの概要
(1)発売日       2014年9月25日
(2)価格(税抜)    PCA会計連携オプション: ライセンス費用30万円(1企業)、年間保守費4.5万円
(3)目標        2014年度末までに20社へ販売
(4)今回新たに連携に対応した製品
・PCA公益法人会計V.12
・PCA社会福祉法人会計V.5

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング